印刷する

「お客様(住宅購入者)と災害被災者の思い」と建築業者・専門家との感覚の違い

講師名 中原弘之
講師名よみ なかはらひろゆき
肩書き 元NPO法人副理事長
住宅・不動産アドバイザー
住宅・マンション検査員
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 「お客様(住宅購入者)と災害被災者の思い」と建築業者・専門家との感覚の違い
スタイル区分 講演
受講者の説明 評価は誰がするのか? 自分を見つめなおしている方
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
建設、不動産関係に携わる方は大勢いらっしゃいます。
特に建築、土木業界は男の職場と目され、技術の宝庫、職人気質が大切にされてきました。
その為に、お客様より業者の考えにより家づくりが中心的に進んできました。
しかし、2005年の耐震偽装問題により、建築家、建築業界への不信、不安が広まり、
行政指導の下 性能評価、瑕疵担保保険などの徹底した監理、検査が義務付けられました。
建築技術とは簡単に取得できるものではありません。
ゆえに、いかにしてお客様へ理解して頂けるのかを説明することは大切なことです。
お客様は営業マンの言葉を聞きたいのではありません、監督さん、職人さんなどの直接現場へ携わる方々の言葉を望んでいます。
そのこと、それがお客様と建築関係者との温度差です。
このようなお話をさせて頂きたいと思います。
講演内容・概要 災害復旧・復興の活動として、東日本大震災などの被災地にてボランティア活動をしました。
建築、不動産に関する仕事をしておりますので、災害時での安全な行動を行い、一般ボランティアへの指導、調整など行っております。
しかし、災害が起こってからでは活動、行動に制限がかかりますので、事前活動を行い、減災害のために色々な地域で、講演活動を行っております。
被災者の方々は通常状態ではないがために、冷静な判断が出来ないことがあります。
その時に悪徳と呼ばれる業者、人間に心を奪われ、心身ともに疲れ果て、人間不信に陥ります。
そのためには、皆様のような誠実な業者、人達の協力が必要です。
皆様方が相手を理解し、相手の立場に立ち考え、行動することで、建設業界の信頼が強いものになると確信しています。
また、住宅・マンション購入時にお客様からの依頼により、内覧会への同行・インスペクション(建物調査)などを行っております、約2時間をかけて、お客様へ「内覧会の意味」「建物の仕組み」「危険箇所の発見」「購入後の生活環境」などなど、お客様・被災者の方々との生の声をお聞きし、建物・建築にたいする不安・不信を取り除くお話しをさせて頂いております。
このような経験談を踏まえお話致します。
根拠・関連する活動歴 災害被災地訪問・内覧会同行・その他講演活動
主催者に準備を
お願いする物
配布用資料のコピー プロジェクターなど
その他打ち合わせにより必要なもの
講師が準備するもの 資料原本 その他資料
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2019年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2018年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。