印刷する

災害時、子供に出来る人助け

講師名 中原弘之
講師名よみ なかはらひろゆき
肩書き 元NPO法人副理事長
住宅・不動産アドバイザー
住宅・マンション検査員
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 災害時、子供に出来る人助け
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 保護者(小学校)
受講者の説明 災害に対する考えはありますか?
私は地震、水害の被災地へ何度もいきました。その時の状況、活動を
皆様へお伝えし、子供、大人、すべての地域住民に何が出来るのかを
お話したいと思います。

災害は忘れた頃にやってくる、これは私が子供の頃の話です。
現在の日本列島はいつ災害が起こってもおかしくない状態です。
東京都では2011年4月に住宅に火災報知機の設置が義務付けられました。しかし、火災報知機が作動する時には、
火災が発生しているという事です。事前に対処することが出来れば被害も被害者も減少します。
災害時にあわてないためには「意識」「知識」が不可欠です。
子育て世代の皆さん、あなた方の「意識や知識」で多くの人達をすくうことが出来ます。
自信をもって物事に取り組むことでチャンスは広がります。
考えることと行動することの違い、意味をご理解頂ければ幸いだ思います。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
2011年3月11日 東北地方では今世紀最大の災害が発生し、多くの方々を苦しめることとなりました。
化学が発達した現在でも自然災害を避けることはできません。また、現在では、地震だけではなく、水害、台風など毎月、毎週のごとく、災害が襲ってきます。私も、その都度、被災地へ出向き被害を目の当たりにし、自然のすごさ・怖さを自身の身で感じてきました。
自然と喧嘩をしても勝つことは出来ません、しかし、自然を理解し、
現在の科学(化学)を信頼する・行動することで被害を少なくすることは可能です。
これを「減災」と言います。
ボランティア大国「日本」日本人の助け合い精神は世界に認められる
ほど素晴らしいものがあります。
皆さんが「減災」方法並び対処を通常時に学んでおくことで被害は格段に減らせることだと確信します。
学ぶことが知識、、、考え・行動することが意識
「知識より意識」これが皆様にご理解して頂きたいことです。
講演内容・概要 区分: 安全管理・労働災害
私は災害支援活動メンバーとして、3・11等の地震・水害などの被災地で活動をしてきました。
新聞・テレビなどの報道では解らない、被災地・被災者の声をお聞きし体験しました。
私は評論家ではありませんので、難しい解析はできませんが、
今迄の経験を踏まえ、実際の私達の活動、被災地・被災者との連携、
子供たちとのコラボなど、写真等をご紹介しながら「減災」方法も含め災害の対処をお話させて頂きたいと思います。
主催者に準備を
お願いする物
プロジェクター 資料コピーしたもの
講師が準備するもの 配布資料
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2019年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2018年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。