印刷する

■営業転職入社人材、営業部門配転者、新入営業社員戦力化メソッド
■転職入社では、スタートダッシュから売れ出すことが絶対条件だ

講師名 岡田和芳
講師名よみ おかだかずよし
肩書き 営業ドットコム・ファーム 代表
エイチアンドエス・コンサルタントシステムズ 代表
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 ■営業転職入社人材、営業部門配転者、新入営業社員戦力化メソッド
■転職入社では、スタートダッシュから売れ出すことが絶対条件だ
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 求職者
受講者の説明 ■販売会社では、キャリア営業人材採用の成功は、チームメンバーを刺激し活性化させる。
だから、転職入社人材の活躍がチームの業績をアップさせると言っても過言ではない。

■営業職の転職では、入社前準備、入社後三か月の活動結果で、その後の営業人生に大きな差がつく。
前職での経験、資質がありながら、実力を発揮できない人材、スタートダッシュに成功して、トップセールスと肩を並べる人材に分かれる。

■このことは、転職入社人材に限らず、営業部門への社内配転者、新入営業社員にも言える。営業部門に配属されたら、スタートダッシュが勝負だ。

■あなたは、実力を発揮する前に敗れてはいけない!
■転職入社に成功するには、入社合格の壁の後に、もう一つの大きな壁が立ちはだかる。
新しい職場で、売れない壁に突き当たると、自分に魅力がないのではないか、自己不信に陥る、敗北スパイラルに落ち込む。このコースを進んではいけない!

■入社直後から売れる軌道に乗ることで、本当の意味での転職成功になる。入社試験に合格した人材の実力は紙一重だ。売れる営業とダメセールスの分岐点はスタートダッシュ三か月の結果で決まる。スタートダッシュスキルを駆使できる準備をして臨もう。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
■スタートダッシュに失敗すれば、敬意も存在価値すら危うい!
■営業職では、面接合格、入社に成功しても、売れなければ、誰も相手にしてくれない。退職コースに追いやられる。その目安が三か月間、気の長い会社でも六か月が限度だ。
転職入社人材のスタートダッシュ失敗は退職勧告を意味する。
だから、絶対に売らなければならない!


■あなたは、実力を発揮する前に敗れてはいけない!
■入社直後に現れる「失敗に繋がる壁」とは・・・
■転職入社では「早く契約したい」のプレッシャーに直面する。「商品知識を覚えなければならない」「いいところを見せたい」の焦りに追いかけられる。

■商談をやっても敗戦が続くと・・・
・「前職の営業スキルが通用しないのではないか」という疑心暗鬼の壁。
・さらには、「どうしてお客様は、私の言っていることが解ってくれないのか」というお客不信の壁。
・輪をかけて、上司の叱咤、チームメンバーからの冷たい視線、逃避したい誘惑、などなどの壁が覆いかぶさってくる。
さらに加えて、商品知識を覚えなければならない焦り、成績を上げなければならない重圧に追いかけられる。

■新しい会社のやり方で売れれば、それがベスト。しかし、売れなければ、誰も同情してはくれない。そこで、スタートダッシュの躓きを想定内にして、二の矢、三の矢の営業スキル、あきらめない精神を蓄えておく。

■会社から与えられた、営業ノウハウだけでなく、自ら集めて、入社三か月間に、持っているすべてを出し切る覚悟でスタートする。
あなたが納得できるスキルとパワーを持って、入社三か月間のスタートダッシュに挑戦して成功して欲しい!
そこで、あなたの「スキル」をさらに強化するには、「転職入社ダントツ売れる営業になる60日メソッド」をオススメする。
講演内容・概要 区分: その他実務スキル
実践体験談(ロールモデル): スペシャリスト系
■転職入社では、スタートダッシュから売れ出すことが絶対条件だ

・「車1000台住宅200棟契約」転職成功の秘密とスキル
・入社直後に現れる「失敗に繋がる壁」を想定内にしておく
・営業職の転職成功は、入社60日のスタートダッシュで決まる!
・前職で培った人間力パワーをブラッシュアップする方法
・転職入社スタートダッシュに成功する二つの準備とは
・新入りが「逆転ダントツノウハウで勝つ」戦い方、スキルを見つける
・新入りが「二割の商品知識で勝つ」戦い方、考え方、やり方
・新入りが「トップ営業担当者なりきり作戦」で契約を上げる方法
・新入りが「ビジュアルパワー」と「心配りトーク」で見込み客をつくる方法
・新人が「スペシャリスト、スタッフ」を自分の能力にして見込み客をつくる方法
・新人が「成功資料」を「勝負ツール」にして契約を上げる方法
・新入りが「やる気、精神力、想い、志、やりがい、使命感」をパワー化する方法
・お客様に「話していただく」質問作戦
・テーマを決めて商品知識をモノにしていく
・覚えたことはすぐに口に出して話してしまう
・「五段階接客法」で契約力がアップする
・商談には「メモし、記憶し、思い出す」ステップが契約できる提案をつくる
根拠・関連する活動歴 ■受講者の効果が期待できる参加型講演、参加型研修のやり方。
・受講予定者から「なりたい理想の営業担当者像」を聞き出してください。
・受講者が属する業界の「お客様はどんな営業担当者を求めているか」をイメージしてもらってください。
この二点のアンケート結果と、経営者視点から「何を聞かせたいのか」「どんな営業担当者になって欲しいのか」「講演、研修から期待する効果」をお知らせいただくとありがたい。

■受講生にお手伝いして頂きます。
・ホワイトボード記入担当一人
・ロールプレイングに一人又は二人〈テーマごとに入れ替わって担当してもらいます〉
・ビデオ撮影に一人

■宿題
「テーマ」が決まりましたら、受講開催日までに受講生に集めてもらうものがあります。
・新聞広告、折り込み広告から、○○のキーワードを探して、集めてもらいます。

■研修、講演は、テーマに合わせて、モチベーションアップとテクニックを併せたプログラムを受講生参加型で行います。

■プログラムのベースになるのは、精神、モチベーションパワーに組み合わせた営業スキルです。
「好かれる波動」「頼りにされるオーラ」「頼みたくなる気」「想い、惚れ込みパワー」「存在パワー」を身体から醸し出せれば、伝える知識、トーク、タイミング、テクニックが一段と輝きを増します。
主催者に準備を
お願いする物
・ビデオ再生可能な液晶テレビ
・ビデオカメラ
・ホワイトボード
・ホワイドボード用筆記用具
・小さい縁台又テーブル〈教室前方端に置きます〉
・縁台の高さに合わせた椅子
・筆記用A4用紙、受講者×三枚程度。
・講師が、前もって送付したレジュメのコピーを受講者に配布願います。
・水〈500MLペットボトルで可〉
講師が準備するもの ・テーマに合わせたレジュメを作成して前もって送付します。
・講師が、テーマに合わせて必要と感じた、最新の広告、新聞広告等の資料を集めておきます。
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2019年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2018年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。