印刷する

職場のハラスメント研修
(パワハラ、セクハラ、対策としてのストレス、メンタル講座含む)

講師名 渡部 卓
講師名よみ わたなべたかし
肩書き 帝京平成大学 現代ライフ学部 教授
株式会社ライフバランスマネジメント研究所 代表
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 職場のハラスメント研修
(パワハラ、セクハラ、対策としてのストレス、メンタル講座含む)
スタイル区分 研修
想定する受講者区分 経営幹部
受講者の説明 管理職、役員層、トップマネジメント
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
最新の対策、平成生まれ世代へのハラスメントにならないコミュニケーション法

●コンプライアンスの理解
●叱り方の極意、「かりてきたねこ」 などの解説
●部下のパフォーマンスを下げずに、こちらの気持ちを冷静に伝える
●ハラスメントとコーチング、メンタルヘルス、ワークライフバランスの関連性の理解

 会議に遅刻する、ケアレスミスが多いといった点が目立つ部下に注意したいが、それでモチベーションが下がってしまうのも困る。平成生まれの若手部下、スタッフが反発せずに改善に導くには、どんな叱り方をすればいいだろう。
 部下をどう叱ればいいのか、試行錯誤している管理職は多いようです。私は管理職向けのセミナーなどで、叱り方のコツを「かりてきたねこ」を考案し紹介しています。
これは、叱り方の7つのポイントの頭文字をとったものです。

部下を叱るときのコツは「かりてきたねこ」

 か … 感情的にならない
 り … 理由を話す
 て … 手短に済ませる
 き … キャラクター(性格や人格)に触れない
 た … 他人と比較しない
 ね … 根に持たない
 こ … 個別に伝える
講演内容・概要 区分: 危機管理・コンプライアンス・CSR
90分の講演、講話から半日、一日のグループワークが
中心となる、ワークショップコースへのアレンジも可能です。

はじめに: 昔のお付き合いの感覚が今ではパワハラに (ケーススタディで理解しよう!)
2.1 ハラスメントにならない具体的ヒントとは?
2.1. ハラスメントと酒癖で、会社は失敗する
2.2. 時代と場所が違うと、捉え方は変わる
2.3. ハラスメントのリスクを軽視すると事故につながる
2.4. 中国でもメンタル対策は進んでいる
2.5. 会社に入ってからの教育が大切
2.6. メンタル・ハラスメントのリスクを学ぶ人が成功する
2.7. 若い人をリードするには、心意気だけではダメ
3. 若者を引きつけるキーワードは,安心と成長の実感

3.1. 若者が安心できる職場とは

3.1.1. 「か」感情的にならない
3.1.2. 「り」理由を話す
3.1.3. 「て」手短に済ませる
3.1.4. 「き」キャラクター(性格や人格)には触れない
3.1.5. 「た」他人と比較しない
3.1.6. 「ね」根に持たない
3.1.7. 「こ」個別に伝える
3.2. デキる経営者の共通点は、聞くのがうまいこと

4. カウンセリングマインドとコーチングマインド

4.1. コーチングだけではうまくいかない
4.2. コーチとカウンセラーの両刀使いがニッチ
根拠・関連する活動歴 豊富な職場とマネジメント経験をもとに、現代職場特有の問題と改善対策など難解なテーマに対して、専門用語を使わずに講演・ワークショップ対応することで定評があります。
過去の研修、講演のテーマの例としては、健康経営、メンタルタフネス経営、メンタルヘルス対策、ハラスメント対策、ほめ方・叱り方研修、グローバル人材育成、リーダーシップ、コーチング開発など多岐にわたります。

過去の講演、研修、ワークショップでの実績は、日本を代表するグローバル企業から官公庁、中小企業、ベンチャーまで、業界業種を問わずに多数、受託形式により実施しており、海外での講演実績も多数あります。
講演の依頼主は経営者団体、民間企業、官庁、地方自治体、学校法人など2003年以来では過去900回を超えています。

研修、講演の受託だけでなく、2012年からは、東証一部上場企業社長や中小企業の経営トップ、経営後継者、管理職向けエグゼクティブ・コーチングも企業受託により実施しています。

メディアでの引用も多く、最近でもNHKのおはよう日本やテレビ朝日の「報道ステーション」また朝日新聞、読売新聞、日経産業新聞、日経ビジネス誌の連載を担当し、専門家として職場問題へのコメントするなど頻繁に登場しています。

著作は近著にAmazonビジネス書ランキング1位となった「人が集まる職場 人が逃げる職場」(インプレス出版)など20冊を超え、海外でも翻訳出版がなされています。 講演、研修の実績は検索エンジンで「渡部 卓 ライフバランスマネジメント研究所」をご参照ください。
主催者に準備を
お願いする物
プロジェクター、マイク、手元資料の印刷など
講師が準備するもの パソコン、
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2020年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も10年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2019年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。