印刷する

人材不足に悩む中小企業経営者に贈る
「マトリクス・コミュニケーション」を活用して社員の不満を解消。離職率を改善し、生き残る強い会社を作る!

講師名 駒井俊雄
講師名よみ こまいとしお
肩書き 中小企業診断士
株式会社クリエート・バリュー 代表取締役
NPOランチェスター協会関西支部 支部長
都道府県 大阪府

プラン詳細

タイトル・演題 人材不足に悩む中小企業経営者に贈る
「マトリクス・コミュニケーション」を活用して社員の不満を解消。離職率を改善し、生き残る強い会社を作る!
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 企業経営者
受講者の説明 人材不足に悩む中小企業経営者。離職率を改善し、強く安定した組織を作りたいと考える中小企業経営者
にお勧めします。
講演内容・概要 区分: その他実務スキル
1.マトリクス・コミュニケーションとは何か?
(1)人を判断する様々な方法を紹介
人を4つのタイプに分けるコミュニケーション法には、「ハーマンモデル」や「ソーシャルスタイル」など様々なものがある。それらを総合的に紹介する。
(2)脳の機能にはクセがある
「ハーマンモデル」によると、人間には生来的な脳のクセがあるといわれている。経験や価値観の変遷にも関わらず、変化しないといわれる脳のクセについて解説する。
(3)人間を4つのタイプに分類する
人間を「外向的-内向的」「論理的-感情的」の2軸で、4つのタイプに分類する。これがマトリクス・コミュニケーションの基本形となる。

2.マトリクス・コミュニケーションの4タイプ
(1)Aタイプ(プリンス)の特徴
外向的・感情的なAタイプ(プリンス)は目立ちたがりで、ムードメーカー。その特徴を詳しく解説する。
(2)Bタイプ(リーダー)の特徴
外向的・論理的なBタイプ(リーダー)は仕切り屋で勝ち負けに敏感。その特徴を詳しく解説する。
(3)Cタイプ(テスター)の特徴
内向的・論理的なCタイプ(テスター)は冷静沈着で、分析が得意。その特徴を詳しく解説する。
(4)Dタイプ(スペシャル)の特徴
内向的・感情的なDタイプ(スペシャル)はこだわりが強く独立独歩。その特徴を詳しく解説する。

3.4タイプごとのコミュニケーション法
(1)Aタイプ(プリンス)とのコミュニケーソン法
Aタイプ(プリンス)には、オーバーぐらい褒めること。そのコミュニケーション法を詳しく解説する。
(2)Bタイプ(リーダー)とのコミュニケーソン法
Bタイプ(リーダー)には、利害を説くのが効果的。そのコミュニケーション法を詳しく解説する。
(3)Cタイプ(テスター)とのコミュニケーソン法
Cタイプ(テスター)には、ルールを説くのが効果的。そのコミュニケーション法を詳しく解説する。
(4)Dタイプ(スペシャル)とのコミュニケーソン法
Dタイプ(スペシャル)には、感情に訴えるのがよい。そのコミュニケーション法を詳しく解説する。

4.マトリクス・コミュニケーションを活用する
(1)4タイプの見分け方
それぞれのタイプには、行動に特徴がある。簡単に相手を判別する方法を解説する。
(2)ケーススタディ
職場の典型的な人間関係のトラブルを例にとり、「マトリクス・コミュニケーション」によって解決する方法を学ぶ。
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。