印刷する

「安全事例とヒューマンエラー事例」

講師名 村田一郎
講師名よみ むらたいちろう
肩書き NPO法人品質安全機構 理事長
品質安全コンサルタント
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 「安全事例とヒューマンエラー事例」
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 経営幹部
受講者の説明 日本のあちこちでヒューマンエラーが起きています。
一見違って見える社会現象でも、安全の切り口で見ると、現実が見えてきます。
(ご参考:当機構の実績など、HPをご覧ください。park21.wakwak.com/^safety/)
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
安全や安心への関心の高まりが社会現象になりました。とても良いことですが、注意すべき観点があります。それは、安全は目的ではなく、目的を完成させるための手段だということです。
目的とは、組織や個人それぞれが目指す、自己実現の完成です。
自己実現に安全を手段としてどう使うべきか。その手法を伝えます。
講演内容・概要 区分: 安全管理・労働災害
Ⅰ.現状で起きていること
・「アクセル/ブレーキ踏みまちがい」の真相
 AT車のNレンジは何のためにある?
・テロリストもセイフティー・ファーストを尊重している
・なぜ建設業のリスクは全産業で最大なのか?
・注意しても起きる「魔の時」をなくす手立て
・高所作業の落とし穴・実は『徒然草』高名の木登り
・重大事故:事故:ヒヤリハットは、1:29:300で起きている
・リスクは三つの積で表す「頻度×程度×?」

Ⅱ.安全対策を講じよう
・安全は人の欲求の始まり(マズローの5段階欲求)
・ヒューマンエラーのメカニズムSRK(スキル、ルール、ナレッジ)
・ヒューマンエラー、エラーとスリップ、ラプスの防ぎ方
・「個人は集団の中で手抜きをする」リンゲルマンの実験教訓
・「集団は共同してリスキーシフトする」ウヲレッチの実験教訓
・作業事故の3つのリスク
 1.個人のイタタタリスク(労災は100%補てんしない)
 2.組織のアカッパジリスク(イメージ低下で売上激減)
 3.社会のモッタイナイリスク(今までの実績がパー、その上リコール、賠償金)
・品質事故の典型から得られる教訓(笹子トンネル、沖ノ鳥島事故)
 ドミノ破壊/地球重力/完璧を要求/メンテナンス軽視

Ⅲ.対策の展開事例
・交通ルールで一番安全なのは赤信号という考え
・事故気質と慎重気質の見分け方
・事故原因は4Mで分析する
・事故防止は4Eで解決する
・「ヒューマンエラーの穴」をうめる会話手法
1.指差喚呼の効用は?
2.「にわか忘れ」は「やり飛ばし」の母
3「知らないことは守れません!」を根絶する

Ⅳ.まとめ
・ポカミスをなくす特効薬、「達成感の後送り」
・働き蜂の集団にいる、「怠け蜂」に実は意味がある
・訴訟社会の他力本願
・「堂のゆがみで経読めぬ」「寝ていて転んだ試しなし」
・危ない仕事の3H
・危ない3つの心理IMH
・現場が求める仕事力KKD
根拠・関連する活動歴 ●講師歴:26年
■新刊!安全スタッフ http://park21.wakwak.com/~safety/anzen_humanerror_banninnomono.pdf
■メディア掲載実績:・日刊工業新聞に品質安全記事を13週連載。
・(財)日本規格協会「日本を活かす、広がるインフラビジネス」を出版。
・セキュリティー産業新聞社「個人情報保護法Q&A」を出版
■主な著作物:(財)日本規格協会「日本を活かす、広がるインフラビジネス」 セキュリティー産業新聞社「個人情報保護法Q&A」 日刊工業新聞に品質安全記事を13週連載。 ・日本金属家具工業会「PL対策マニュアル」
主催者に準備を
お願いする物
PC ポインター
講師が準備するもの PPT
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2019年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2018年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。