印刷する

組合員の心を掴むリーダーとしてのコミュニケーション

講師名 桐生純子
講師名よみ きりゅうじゅんこ
肩書き ヒューマンコミュニケーションアドバイザー
組織内コミュニケーションコンサルタント
ワークショップデザイナー
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 組合員の心を掴むリーダーとしてのコミュニケーション
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 労組役員
受講者の説明 ・労働組合 組合役員の方々(職場委員、分会長、職場代表・・・など代議員の皆さん)
・企業 チームリーダー・人材育成担当者
・・・時代とともに職場での「共通言語」が減少している中で「真のリーダーシップ」に悩むリーダーが増えています。スキルにとどまらず今一度、人として心のつながりを学ぶ必要性を感じています。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
・企業が求める人材は、素直さ、コミュニケーション力、タフさを持つ人です。講演および研修では、落ち着いてじっくりと周りを見回し、多様の価値観を受け入れ、自ら発信できるコミュニケーション力の重要性に気づきメンバーひとりひとりの自立を促すことに重点を置いてプログラムが組まれます。

・様々な対人場面(後輩指導・様々なクレーム対応etc)において、自分の意を通し相手を思い通りにすることが最終目的ではなく、一人の人間としての“自分らしさ”(パーソナリティー)を基に「相手に影響力を与えながら信頼関係を築く方法を身につける」ことによりスムーズな意思疎通が行われる環境作りをすることが確実に仕事の生産性につながります。
講演内容・概要 区分: リーダーシップ
90分~120分の研修または講演スタイル

リーダーに必要なメンタルと具体的なコミュニケーション方法について、一方通行の座学ではなく、自ら参加するワークを通して、今の仕事や職場の人間関係の中で自分の役割を今一度、再確認し前進することを目的としています。

1.コミュニケーションの基本(メカニズム)を知り“ミスコミュニケーション”の原因を確認する。
普段伝えていることが実際に相手に伝わっているかどうかということをシュミレーションゲームを通して参加者の方に表現して頂き「ミスコミュニケーションの原因」を一緒に検証していきます。

2.バーバルコミュニケーション・ノンバーバルコミュニケーションの方法を学ぶ
・相手の話を“きくこと”の意味と実際(ワーク含む)

3.アサーティブコミュニケーション
・信頼関係を壊すことなく、自分の意思を伝え“理解し合える”有益な関係作りのキーポイントを学ぶ
・自分の伝えたいことの表現方法を確認する

4.職場全体を成長させる具体的なメッセージ方法を学ぶ(ワーク)

・仕事で求められるコミュニケーション能力
・組織内でのコミュニケーション
・意見の主張をするときの準備の仕方
・様々なケーススタディ       など

その他のプラン

  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2017年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社は今年40期を迎え、新サービス「SBマーケット」も8年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2016年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。