印刷する

武田信玄に学ぶ「攻撃は最大の防御なり」
 ~サバイバル時代を勝ち抜く戦略に迫る~

講師名 藤永悟志
講師名よみ ふじながさとし
肩書き 一般社団法人全国伝統産業承継支援 代表理事
経営コンサルタント
都道府県 大阪府

プラン詳細

タイトル・演題 武田信玄に学ぶ「攻撃は最大の防御なり」
 ~サバイバル時代を勝ち抜く戦略に迫る~
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 中小企業経営者
受講者の説明 中小企業経営者  経営幹部  役員等
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
先行き不透明な時代が続いています。2008年秋のリーマンショックに端を発し、東日本大震災、節電要請や電力の値上げ、そして歴史的な円高が追い打ちをかけ、出口の見えない企業活動を余儀なくさせています。今後、我が国は人口減少社会を迎えることでマーケットの縮小が避けられないなど、経営環境の厳しさが増してくることが懸念されています。 
しかしながら、このような混迷な時代を勝ち抜くために戦略を考え、実践している中小・零細企業は少ないようです。そこで、厳しい戦国の世を生き抜き、名将の中の名将と言われた武田信玄公から、「勝ち抜く術」を学んでみることも何かのヒントになりうるものです。信玄公が治めた甲斐国(現在の山梨県)は、山国で盆地が多く生産性の乏しい国でした。しかし、信玄公は何とか生産性を向上させようと、徹底的に攻めの経営を実践していったのです。結果、信濃国(現在の長野県)などを支配するに至り領地を広げ、家臣や領民たちから人望を集めるなど、「人は城、人は石垣、人は堀」と言われるように戦国最強軍団を作り上げていきました。信玄公の功績を振り返りながら、現代の企業経営において勝ち残っていくための戦略の考え方や実行するためのポイントを学ぶことができる90分の講演です。
講演内容・概要 区分: 経営戦略・事業計画
講演実施内容(90分)

  1.はじめに
     攻撃こそ、勝ち抜くための最大の防御!

  2.名将・武田信玄公の領国経営から、現代の企業経営に    おける攻めの経営を考える!

     すべては「人」から始まる
      ~戦国最強軍団の構築はいかに?
     己を知り、敵を知り、
      戦わずして相手を討ち破る戦略とは?
     信玄流M&Aに見る企業買収の極意とは?
     チャンスを確実にモノにする武田の強さとは?
     不測の事態に対する専守防衛策も企業戦略の一つ!

  3.現代の企業経営における戦略策定のポイント

     戦略はストーリーで考える
      ~風が吹けば桶屋が儲かる~
     顧客にとっての価値は二つの側面から考える
     顧客から選ばれる理由づくりは必要不可欠

  4.最後に   
     これからのサバイバル時代を勝ち残る3点ルール
主催者に準備を
お願いする物
プロジェクター  スクリーン
講師が準備するもの パソコン  レジュメ
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2019年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2018年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。