印刷する

「働きがいのある企業ランキング」3年連続1位
なぜP&Gはビジネスパーソンに評価されるのか?その強さとポイント

講師名 小森康充
講師名よみ こもりやすみつ
肩書き 営業力強化コンサルタント
元 P&Gアジアパシフィック最優秀マネージャー
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 「働きがいのある企業ランキング」3年連続1位
なぜP&Gはビジネスパーソンに評価されるのか?その強さとポイント
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 企業経営者
受講者の説明 組織を活性化させメンバーのモチベーションを高めたいビジネスリーダー
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
人材排出企業といわれるP&Gが社会人対象の調査で3年連続で「働きがいのある企業No1」
*働きがいのある企業ランキング2016(ダイヤモンドオンライン)http://diamond.jp/articles/-/84549?display=b

17年間P&G営業本部でマネージャー、人材育成トレーナーを経験した講師がP&Gの強さのポイントを自身の経験から語ります。
講演内容・概要 区分: 経営戦略・事業計画
①「Objective Mind」 目的思考を持つことの重要性
P&Gで部下が上司に話しかけたときの上司の最初の言葉は「目的は何?」
すべての会議、カウンセリングは目的から始まります。

②「Do The Right Thing !」 正しいことをしろ 
P&Gでは入社間もない20代の社員にも責任の大きい仕事がまかせられます。
ではどうやって経験の少ない若手がビジネス上の判断をするのでしょう?
それは「Do The Right Thing!」の考えが浸透しているからです。

③「Consumer is Boss」  消費者がボス、すべては消費者のために
誰のために仕事をするのか?自分自身のため?家族のため?上司のため?
会社のため?株主のため? もちろんどれも正解でしょう。
しかしP&Gでは、「消費者がボス」 ビジネス上のすべての判断は「消費者にプラスになるかならないか?」で判断されます。

④「Need to have」と「Nice to have」の違い
P&Gで上司からよく言われる質問に「それってNeed to have?それともNice to have?」というのがあります。どうしてもやらないといけないことか(Need)?
やってもいいけどやらなくてもいいことか(Nice)?この違いを明確にすることがビジネスでは重要です。

⑤「Up or Out」 出世するかさもなくば去れ
P&Gは終身雇用ではありません。60歳定年まで勤められる方は、ほとんどいません。それは常に自分自身を向上させ、トレーニングし、上のポジションに上がる必要があるからです。優秀な後輩がどんどん出てきますから、同じポジションで定年まで過ごすことはできないのです。

以上の5つのポイントが、P&Gのカルチャーでありビジネスのスキルのポイントであると思います。この5つがP&Gが強い組織で、優秀な人材を長期で輩出し、ビジネスマンから人気のある理由であると思います。

その他のプラン

  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。