印刷する

患者家族側からの真の医療・看護・介護接遇とは
~看病介護歴12年(計3人)の講師より~

講師名 高橋美幸
講師名よみ たかはしみゆき
肩書き コンサルタント
都道府県 京都府

プラン詳細

タイトル・演題 患者家族側からの真の医療・看護・介護接遇とは
~看病介護歴12年(計3人)の講師より~
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 医療従事者
受講者の説明 医療・看護・介護従事者すべて
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
長年の家族経験などから、患者様・利用者様・・ご家族から信頼される職員さんのコツと、職員さんがやりがいを持ってお仕事ができるようにサポートしています。
講演内容・概要 区分: 医療・福祉実務
医療・介護・福祉の研修では、パフォーマンスとは異なり
(サーカス団・演劇・アミューズメントのお仕事とは異なり)
心身ともに配慮の必要な患者様・利用者様への対応です。

そのため、職員様には、様々な症状の患者様・利用者様の
個々への理解を深めた対応や人の気持ちを大切にし、
温かい信頼関係を築くことができる応対が習得できるようにと思っています。

その軸となるものは、相手への思いやりではないかと私は考えています。
この部分は、ぶれてはいけないと思います。

ですので、私は研修中、長い病院生活での家族経験談や、
自分がお世話になったときの経験談などをお伝えしています。

それは、各 担当させていただく医療機関や介護事業所様で
「なかなか聴けないお話なので、ぜひ、先生の経験談が聴きたい。」
「先生のご経験を、ぜひ、職員に活かせてほしい。」とお声をいただくことが多いことや、
研修後もアンケートを拝読して、
職員の方から「自分を振り返ることができた」「気づくきっかけになった。」など
お声をいただくことが多いからです。

私自身、医療介護の現場で、患者家族としていろいろなことを経験してきました。
(長年、医療機関におりましたので、山ほど事例があります…。)

病院で家族として、嬉しかった事、悲しかったこと…。

家族のことで、病院で辛かった時は、
ショックで、涙があふれでて
雨の中、1時間以上も傘もささずに、病院から歩いて帰ってきたこともありました。

自分のあふれる涙を、雨でわからないようにするために…。

私は、そんなに強い方ではありませんから、
病院では、いろいろなことによく泣きました…。

逆に嬉しかったこと…。
いろいろな時、職員さんに支えてもらったことの数々…。
辛かったけど、笑顔にしてくださった職員さんの数々…。

そんなお話をしているとき、職員の皆様の目は真剣で、
全員の方が、まっすぐこちらを見て、しっかりと聴いてくださっています。

家族の病気と闘う私達患者家族も大変だけど、
その方々を支える職員さんも、同じように大変だろうなと思いながら…。

だから、私は、多くの「ありがとう」の言葉・感謝の気持ちを、
たくさん職員さんに伝えています。

「あなたに会えてよかった!」「あなたがいてくれてよかった。ありがとう!」
「あなたが担当してくれてよかった。おかげで元気になりました!」

感謝の言葉や笑顔が、あなたにたくさん届き、
あなたが、毎日やりがいを持って心身共に元気でお仕事に向かえますようにと願って…。

*患者様・ご家族との信頼関係が築けるコツや対応のスキルが学べます。
*実話経験より、職員さんご自身が気づき、考え、行動に促すためのサポートを行なっています。
*職員さんがやりがいを持ってお仕事ができるようモチベーションアップへのサポートも行っています
*ワーク、ロープレ、実技演習を多く取り入れた全員参加型の講演会・研修です。

*急性期、回復期等、各業態に合わせて、内容やお話の内容を組組み立てるオーダーメイド型です。
*内容は、お打ち合わせで、ご希望に合わせて組み立てます。
*クレーム予防・対応を組み入れることも可能です。

・・・・・・・・・・・・・・・

~お問い合わせより~

現在、医療機関の研修のご担当者様から
「研修後に動画インタビューなどあるのでしょうか?」との内容で
お問い合わせが増えましたため、下記にお伝えいたします。

私の方では、研修ご担当者・受講生の皆様に、
研修後、広報でのビデオ動画出演公開・インタビュー撮影など一切せず、
皆さまの人権尊重・プライバシー保護を優先とさせていただいております。

院内や事業所内では、スタッフ紹介で職員さんをHPや動画でご紹介なさることは、
職務上必要なことがあるでしょう。

それは、業務のひとつであり、事業所内のお考えでよろしいかと存じます。

しかしそれと、外部の研修会社に、職員の方や担当の方が
動画インタビュー撮影され、広報に利用・公開されることは全く別なのです。

現在、医療・介護・福祉もサービス業です。
しかし、購買やサービスを促進する一般の企業と、医療・介護・福祉の違いは、何でしょう?

購買を促進する企業…それだと、お客様に登場してもらって
「この商品がよかった」などと、動画やCMで登場される場合もあるかもしれません。

でも、医療・介護・福祉で、 患者様や利用者様に動画やCMにお顔やお名前を出して
宣伝されるなど、あるでしょうか…?

それが、購買やサービスを促進する一般の企業と、医療・介護・福祉の違いなのです。

医療接遇は、心身への配慮が必要な患者様・入居者様への対応です。
個人情報やプライバシーがいかに大切かということです。
講師やコンサルタントは、その重要性を伝えていかねばなりません。

私たちは、自分の営利や立場よりも、
まず、相手のことや、担当する事業所のために
真に大切なことを選んで行動することが大切です。

「お互いを尊重する」すること。
それは、ご担当者様や職員様の個人情報やプライバシーを保護し、
人権を尊重すること、相手を大切にすることにもつながります。

真の医療接遇は、まず、ここから始まるのではないでしょうか。

・・・・・
追記:
~ユニバーサルサービス疑似体験を、
  内部研修で開催される場合の情報~

高齢者・妊婦疑似体験教材につきましては、
皆さまの事業所地域の行政(区役所・福祉相談室・健康福祉プラザ等)、
社会福祉協議会などでレンタルできる場合が多ございます。
どうぞご利用くださいませ。
根拠・関連する活動歴 1.医療機関・介護事業所・団体様等での豊富な講演・研修・コンサルティング経験

2.患者・家族目線
(家族・患者経験)
・1人目:家族の余命宣告を受ける:末期疾患~亡くなるまで
(病院に泊り込み看病 3カ月間:夜は家族と交代で外来の長椅子で仮眠生活)
・2人目:(老人)初期認知症~要介護5・亡くなるまで、すべての経過介護経験有
(在宅介護~約10年間 医療介護現場に食事の世話に通う)
・3人目:ひとりでの在宅介護経験。家族の通院<車椅子>つきそいも経験
・講師自身の患者経験:救急車に運ばれ入院、麻痺、寝たきり(自分で意思疎通ができない)状態、
 車椅子生活他

3.地域ボランティア活動
・京都市 保健福祉局 長寿社会部 長寿福祉課 一人暮らしお年寄り見守りサポーター
・京都市 消防局 高齢者緊急通報システム(一人暮らしの高齢者宅)近隣協力員
・京都市 文化市民局市民総合相談課(高齢者向悪徳商法のみはり)
・京都府 くらしの安全推進員(府:消費生活安全センター)
・社会福祉法人 ライトハウス視覚障害者手引き(生活支援部、通院ガイド)
・京都市 消防局 普通救命講習指導員(市消防局委嘱:H22~23)
・京都府 交通対策課、北警察署(府委嘱:H20~22)
・京都市 文化市民局 市民生活部 市民消費生活センター(市委嘱:H18~22)
・京都市 総務局 総務部 行政改革課 第三価評価、調査協力者(市委嘱:H14)他

4.介護者同士のつながりが多い(同じ介護経験者同士だからこそ話せる深い内容)

5.接遇等1級・ヘルパー等有資格者(詳細 プロフィールに記載)

6.内部組織構築・コンサルティング成功事例の根拠:サービス業での経験15年
(成績)
・大手メーカー MDチーム所属 ブランド別 チーム 売上 国内1位
・同メーカー 高橋 個人 販売実績 売上 国内1位(大規模小売店 売上 上位約220店舗中)
・経理学院勤務時(簿記2級指導) 生徒授業満足度アンケート 全社第1位(数回受賞)
・経理学院勤務時(簿記講座3級・2級) 客単価簿記講座売上 高橋 個人販売 全社第1位
・簿記指導時 日商簿記検定3級合格率 90~100%(ハローワーク職業訓練校担任時)
⇒多くの事業所に、自ら現場スタッフとして入り込んで経験

7.各担当先での成果:多くの医療機関・介護事業所・団体様からの研修ご依頼 高リピート率

その他のプラン

  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2018年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2017年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。