印刷する

地域見守りボランティア育成:
~皆が安心・安全に過ごせる地域づくり~

講師名 高橋美幸
講師名よみ たかはしみゆき
肩書き コンサルタント
都道府県 京都府

プラン詳細

タイトル・演題 地域見守りボランティア育成:
~皆が安心・安全に過ごせる地域づくり~
スタイル区分 研修
想定する受講者区分 成人一般
受講者の説明 これから見守りボランティアに携わる方、現在携わっていらっしゃる方、マンション管理者などで住民の方の
見守りが必要と感じていらっしゃる方、JC、商工会、組合、自治体、学校、地域に勤務する方、地域の方すべて。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
講義や実技演習を通じて、見守りボランティアに必要な知識・対応技術等を身に着けていきましょう。講師自身も、徘徊されていた方の発見・保護・対応・警察通報経験、自宅前で起こった交通事故での救急車要請・傷病者の手当、おひとり暮らしの方への見守り、高齢者・学生への見守りボランティアの経験等 豊富です。

徘徊されている方を皆さんが発見した時、ご本人は、すでに体調不良かもしません。
そのことに早く気づいて、適切な対応をすることが必要です。

中には、受け答えがしっかりされている方もいらっしゃり、認知症だと気づきにくい場合があるかもしれません。
この場合は、認知症の方の受け答えというものを知っておくことと、認知症を判断できるようになることが、必要です。

認知症は、誰にでもなる可能性のある病気です。
理解を深め、地域全体で早期発見・保護・通報ができるようなしくみを作っていきましょう。

行政・地域包括・社協・警察・消防・近隣の施設等とも連携し、皆さんの地域の方が、いつまでも住み慣れたところで、安心・安全に過ごせるような地域を作りましょう。
講演内容・概要 区分: 福祉・介護
■見守りの役割

■認知症について知ろう
*講義

■認知症・徘徊に気づこう
・受け答えがはっきりしている方もいる。
 どのような点に気をつけて観察し、接するか
・ご本人の体調不良を、どこを、どのように観察して気づくか
 →手当・対応方法を知ろう(市消防署委嘱:救命講習指導員他 有資格者)
・救急への通報のしかた(実技演習)
・救急車が到着するまでの救急対応(市消防署委嘱:救命講習指導員)
*講義

■徘徊されている方への接し方
・各シーン(事例)での接し方
・実際の発見保護、警察への通報・警察が来られるまで対応経験より、
 対応時、特に気をつけていただきたいこと、現場で困ったことなど実話
*講義・実技演習

■在宅 ご高齢の方の見守り実体験より①:困難であった事例と解決まで
・見守りをしていると、どのようなことが起こりうる可能性があるか
・地域との連携の必要性
・おひとり暮らしの方へのご家族への説明方法

■在宅 ご高齢の方の見守り実経験より②:高齢者を狙う悪質な商法から、地域の方を守ろう
・具体例
・実話紹介:お一人暮らし宅での悪質な商法を発見時、
見守りとしてどのように対応したか
・ご高齢の方への悪質な商法を予防するために、見守りがすべきこと

■在宅 ご高齢の方の見守り実経験より③:救急対応
・救急車の要請、自分も一緒に乗り込んだとき(経験談)
・その時に起こりうる問題・予防・改善策

■自宅前での交通事故 傷病者の手当:救急対応
・救急車の要請、到着までの手当(経験談)
・偶然、集まってきてくれた方とのチームプレー(経験談)
・道路での救急車の要請、傷病者の手当で皆さんが気をつけること

■学生の見守り経験:交通対策
・体験談
・気をつけること

■目の不自由な方の手引き経験:通院手引き
・体験談
・目の不自由な方への接し方の注意点
・目の不自由な方への応対とサポート実践

■障がいをお持ちの方(小学生~高校生)との交流・ボランティア経験
・接し方の心構え(経験談含)

■見守りの普及活動について
・孤立化の防止
・地域の方とどのようにコミュニケーションをとっていくか
・どの部分をどのように見守っていくか
・地域活動の重要性

■コミュニケーション能力を高めよう
・見守りとして、信頼される人になろう
・第一印象を高めよう
・みだしなみ
・表情
・挨拶
・お話のしかた
・高齢者の尊厳
・障がいをお持ちの方への人権尊重
・お身体の不自由な方への配慮
*実技演習

■実践①ロールプレイング:コミュニケーション・応対
*いろいろなシーンに合わせて、全員参加で実践応対演習

■実践②実技演習(ユニバーサルサービス接遇指導:指導有資格者)
・車いす、シルバーカー、杖などをお使いの方への対応
・目の不自由な方の手引き
・耳の不自由な方への対応
*実技演習

■受講者の皆さんが「地域のリーダー」
・地域での見守り指導のしかた
・各事業所での見守り組織構築について

*事前に、主催者様とお打合せの上、内容・進め方をご提案させていただきます。


講演・研修先:参考
【介護研修・講演等:職員向】
社会福祉協議会(見守りサポーター養成講座を含)、ホームヘルパー協議会、介護福祉士会、老人福祉施設協議会、デイサービス協議会、社会福祉協議会、社会福祉事業団、市保健福祉部高齢福祉課、地域包括支援センター、生活支援センター、精神障害者地域生活支援センター、生活援護寮、精神障害者社会復帰訓練施設、障害者支援施設、グループホーム、訪問看護ステーション、精神ヘルパーステーション、社会福祉法人(多数)、介護老人保健施設(多数)、特別養護老人ホーム(多数)、小規模多機能、在宅介護支援センター、居宅介護支援事業所、訪問看護ステーション、訪問介護ステーション、訪問介護事業所、訪問入浴介護事業所、短期入所生活介護事業所、小規模多機能型居宅介護事業所、デイサービスセンター、有料老人ホーム、通所介護事業所、ケアハウス、介護予防支援事業所、ホームヘルパーステーション、福祉センター、保育園(多数)、児童養護施設、児童障がい者施設、児童館、児童館デイサービス、救護施設、医療・福祉センター、障がい児者支援センター、作業所、他略
根拠・関連する活動歴 【地域ボランティア活動】
・京都市 保健福祉局 長寿社会部 長寿福祉課 一人暮らしお年寄り見守りサポーター
・京都市 消防局 高齢者緊急通報システム(一人暮らしの高齢者宅)近隣協力員
・京都市 文化市民局市民総合相談課(高齢者向悪徳商法のみはり)
・京都府 くらしの安全推進員(府:消費生活安全センター)
・京都市内 公共交通機関の駅:徘徊されていた認知症の方に気づき保護・対応、警察へ通報・警察官到着までの対応・手当(H27.4)
・京都市内 自宅前で起こった交通事故現場:救急車の要請、救急車が到着するまでの傷病者の応急手当
・京都市 消防局 普通救命講習指導員(市消防局委嘱:H22~23)
・京都府 交通対策課、北警察署(府委嘱:H20~22)
・京都市 文化市民局 市民生活部 市民消費生活センター(市委嘱:H18~22)
・社会福祉法人 ライトハウス視覚障害者手引き(生活支援部、通院ガイド)他
・京都市内 北ふれあいグループ(障がいをお持ちの方:小学生~高校生)

【介護医療系 有資格者】
・京都市 認知症あんしんサポーター
・ホームヘルパー2級
・京都市消防局 上級救命救急技能
・京都市消防局 応急手当普及(指導)員(消防署委嘱:救命講習指導員)
・日本赤十字家庭看護、災害時高齢者生活支援、救急法救急員、健康(高齢者)生活支援員
・京都市高齢者すこやか(介護予防)体操指導者
・ユニバーサルサービス(お身体の不自由な方への応対指導)

【看病・介護・患者歴・地域活動】
・1人目:家族の余命宣告を受ける:末期疾患~亡くなるまで(病院に泊り込み看病)
・2人目:(老人)初期認知症~要介護5・亡くなるまで、すべての経過介護経験有
 <在宅介護~約10年 医療介護現場に食事の世話に通う>
・3人目:ひとりでの在宅介護経験有。家族の通院<車椅子>つきそいも経験
・講師自身の患者経験:救急車に運ばれ入院、麻痺、寝たきり(自分で意思疎通ができない)状態、車椅子生活他
・地域・介護者同士のつながりが多い(情報交換)

【介護事業所・医療機関での研修が豊富】
・社協:見守りサポーター養成講座担当
・介護事業所・医療機関:勤務する職員向講演会・研修等

その他のプラン

  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2018年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2017年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。