印刷する

なぜ、勉強しなければならないのか?

講師名 篠上芳光
講師名よみ しのがみよしみつ
肩書き 「心の偏差値」を上げるエリート養成塾「YSP」代表
東京工科大学デザイン学部特任講師
(就職指導担当)
尚美学園大学兼任講師
(キャリアプランニング・コミュニケーション講座)
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 なぜ、勉強しなければならないのか?
スタイル区分 講演
受講者の説明 小学生、中学生、高校生、保護者、教職員に向けて、たんに「受験結果」を求めるだけではなく、「なぜ勉強しなければならないのか?」を現在の社会、経済状況などを考えながらお話させていただきます。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
日本の社会から『夢』や『希望』がどんどん消えていくのは、勉強をしない子どもたちが増えているからではないのでしょうか?
「勉強しなければならない理由。それは「『夢』を持ち、幸せな人生を歩んでいく」ためです。勉強することによって初めて、夢を実現する意志も行動力も生まれます。          
村上龍氏の小説「希望の国エクソダス」(文藝春秋)の本の帯には次のような言葉が書かれています。 
「この国には何でもある。ただ『希望』だけがない・・・」
この言葉は、日本社会全体が閉塞感の中で、もがき苦しんでいる今、様々なところで引用されていることばです。
 どうして、日本社会が現在のようになってしまったのか?その一つの答えが、子どもたちが勉強をしなくなったことではないかというのが、教育の現場に約30年間いる私の考えです。
 ひと昔前、日本が太平洋戦争に敗れ、戦後の復興に必死に取り組み、世界第二位の経済大国へと奇跡の経済成長をしている時代、「なぜ勉強しなければならないのか?」という、子どもたちの疑問に答えることは簡単でした。
「勉強して、いい大学に入って、大企業に入ったり、公務員になったりするため。そうすれば、一生幸せな人生が送ることができるから」
 しかし、時代は変わりました。今や大企業でも安穏というわけではなく、倒産することも珍しくありません。倒産までいかなくても、日本を代表するような巨大企業でさえも、リストラや賃金カットが当たり前のように行なわれています。エリート公務員にしても、世間のバッシングが強まる中、その身分は将来も安泰ではないでしょう。
 このように時代が大きく変革をしていく中で、子どもたちは、「勉強する理由」を見出すことができません。そして、教師や親など多くの大人たちも、どう答えてよいものか迷っています。なぜ今、勉強しなければならないのかについて、お話したいと思っています。
講演内容・概要

その他のプラン

  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2018年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2017年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。