印刷する

居場所を求める子どもたち

講師名 渡部達也
講師名よみ わたなべたつや
肩書き NPO法人ゆめ・まち・ねっと代表
都道府県 静岡県

プラン詳細

タイトル・演題 居場所を求める子どもたち
スタイル区分 講演
受講者の説明 子どもたちの豊かな成長を願い、多様な居場所を提供したいと模索する保護者、教育関係者にお伝えしたい実践に基づいたお話です。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
遊び場の提供とそこで出会う子どもたちへの自宅も開放しての公私隔てのない付き合いにより、学校や子供会、習い事などに自分の居場所を見出しにくい子どもたちへの居場所づくりをしています。
 豊富な実践を紹介しながら、子どもたちにとっての居場所の大切さをお話し、居場所づくりのためのヒントを提供します。
講演内容・概要 活動で出会う子どもたちを通して、社会のいろんなことが見えてきます。そんな社会で過ごしている子どもたちはかなり大変そうです。なんとかせねば。
 「ゲームばっかりやってちゃダメってすぐ怒られるんだよ」と言う子がいます。でも、そのゲーム、大抵は祖父母や親が買い与えたものです。そして、大抵、学校のテストや習い事の好成績の見返りです。
 買い与えられた問題集に最後まで取り組まないと、「せっかく買ってあげたんだから最後までやりなさい」と怒られるけど、買い与えられたゲームに最後まで取り組んでいるとこれまた怒られます。

 学校の凧揚げ大会を見学に行きました。伝承遊びや外遊びの体験として企画されたのでしょう。が、風が吹いてこないので鬼ごっこを始めた子どもたちがいました。伝承の外遊びを楽しそうにやり始めましたが、先生にすぐさま怒られました。「おい、そこ、何やってるんだ!凧揚げの時間だろっ!」
 子どもたちはよく「税の作文」とか書かされます。そんな作文は政治家が書いたらいいんじゃないでしょうか?「明るい選挙啓発ポスター」を子どもたちがせっせと書いても、ちっとも政治が明るくなったためしがありません。

 文部科学省は子どもの居場所づくり「放課後子ども教室」を推進しています。70%が学校で実施されています。学校を居場所と感じられない子どもへの理解と支援が求められてるんです。

 会社内に居酒屋を作って、社員に「さぁいらっしゃい」と言うようなものです。
講師が準備するもの プロジェクター
パソコン
DVD再生機
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2020年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も10年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2019年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。