印刷する

相手の気持ちで考える
~みんな違ってそれでいい~

講師名 鈴木宏治
講師名よみ すずきこうじ
肩書き 地域福祉プロモーター
福祉チャレンジャー
都道府県 茨城県

プラン詳細

タイトル・演題 相手の気持ちで考える
~みんな違ってそれでいい~
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 教職員
受講者の説明 小中高学校の教職員、PTA、自治体職員、公民館等の講座の受講者など、人権教育、地域福祉、教育などに興味がある方
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
人は一人ひとり違うということ、体験を通してより深く理解していただき、相手の気持ちを考え、内発的・自発的な気づきを促します。
講演内容・概要 区分: 人権・平和
●はじめに
トークと体を動かすアイスブレイクで会場をなごませる。

●「選択的注意」
発達障害の方の疑似体験のアクティビティを実施
選択的注意とは、聴覚や視覚触覚といった感覚情報から、特定の情報のみを取り出すことができるという能力
カクテルパーティー効果などが代表的なもので、パーティーの雑踏の中で、自分の名前を呼ばれるとたくさんの雑音があるにも関わらず、自分が呼ばれていることに気づくというものです。発達障害の人たちはこの能力が不得意だと言われています。
パソコンを使って、5曲の童謡を同時に流して曲を当ててもらう。
4曲目までは何度か聴くと当たるのですが、最後の1曲があたらない。最後の一曲を当てていただいた後、もう一度曲を聴いていただきながら、この状態で発達障害の人が後ろから肩を叩かれたら「パニック」になるという気持ちを理解してもらうというものです。

●「利他のこころ」(トルコの軍艦「エルトゥール号」のお話から、95年後にイランイラク戦争の際に日本人がテヘラン空港で脱出できずにいた時、トルコの飛行機2機が危険を顧みず助け出してくれたお話)

●森信三先生の「躾(しつけ)の3原則」
根拠・関連する活動歴 ●著作・論文等
茨城大学生涯学習教育研究センター報告第7号(2006年2月)、難病患者の生活の質的向上について : 地域とのつながりと福祉機器の利用(IV.生涯学習実践報告)、 2005~6年 茨城新聞社コラム「ふくしで街づくり」連載(3/20回掲載)

●受賞歴・記録・出場歴・資格等
スペシャルオリンピックス日本 認定コーチ(陸上競技・卓球)、スペシャルオリンピックス日本 ローカルトレーナー、日本赤十字救急法救急員
主催者に準備を
お願いする物
プロジェクター、スクリーン、配布資料
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2019年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2018年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。