印刷する

子どもたちに語り継ぎたい戦争の悲惨さ

講師名 高橋うらら
講師名よみ たかはしうらら
肩書き 児童文学作家
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 子どもたちに語り継ぎたい戦争の悲惨さ
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 小学生
受講者の説明 小・中学生
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
今の子どもたちは戦争を知りません。私は、児童文学作家として、戦争体験を取材し、若い読者にわかりやすい言葉で伝えています。
日本の未来を築くのは、子どもたちです。子どもたちが、かつての戦争で何があったかを正しく知ることが、これからの平和で平等な世の中を築く基本になると思っています。
講演内容・概要 区分: 教育・青少年育成
1.自己紹介: 私が書いている児童書は、ノンフィクションといって、本当に起こったことをわかりやすい言葉で子どもたちに伝える本。一環したテーマは「命の大切さ」。

2.朗読・短編「五百人のお母さん」(東京大空襲がテーマ) 

3.取材・執筆している本の紹介
「五百人のお母さん」は、東京大空襲で子どもや家族を失い、その後、施設の保母として五百人の戦災孤児を育てあげた女性が主人公。自分が住んでいるのは東京下町なのに、取材するまで大空襲のむごさを、よく知らなかった。
他にも、太平洋戦争を題材にしたものには、いくつか作品ある。
現代の戦争としては、カンボジアの地雷原を、防護服を着て取材した。内戦の後遺症で、カンボジアの農村部では、今だに電気も水道がなく、小学校や中学校も不足している。衛生状態も最悪で、伝染病やエイズがはやっている。
戦争は、最大の人権侵害。戦争被害によって、同じアジアでも、これほど格差が存在してしまうということ。カンボジア現地の写真をプロジェクターで映写しながら説明する。

4.まとめ
人間の価値観が決まるのが、子ども時代。大人になって頭が固くなってからでは遅い。これからも「戦争というあやまちを二度と繰り返してはいけない」という大事なメッセージを、しっかりと読者の子どもたちの心に刻んでいきたい.
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2018年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2017年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。