印刷する

こころの笑方箋:職場のメンタルヘルスとユーモア

講師名 中井宏次
講師名よみ なかいこうじ
肩書き 日本笑い学会理事
日本産業ストレス学会理事
薬剤師、NPO法人健康笑い塾 主宰
都道府県 兵庫県

プラン詳細

タイトル・演題 こころの笑方箋:職場のメンタルヘルスとユーモア
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 総合職
受講者の説明 労働者 ビジネスマン全般
ストレスマネジメントがうまく出来ず、悩みを抱えている人
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
わが国の産業界は急激に変化しています。IT化による技術革新、高齢化、女性労働者の増加、能力・業績評価の雇用形態などの労働環境の変化に伴い、労働者のストレスは強まる一方です。このような現状を踏まえて、メンタルヘルス対策の重要性はますます高まっています。職場でのメンタルヘルス対策に取り組むことは、労働者の健康を守るということはもちろん、生産性の低下や労働力損失の防止、ひいては経営上のリスクマネジメント(健康経営)にもつながります。メンタルヘルス対策を、個人レベルだけでなく、職場全体で取り組みことによって、職場の活性化、風土変革、新しい発想・企画などにつながり、明るい活き活きした職場となり、業績の向上へとつながります。
そこで、労働衛生の1次予防対策(メンタルヘルス対策)として注目されていますのが 笑い(ユーモア)です。笑いは、神様が人間だけに与えてくれた唯一のストレス解消法です。今回は、笑い(ユーモア)の様々な効用を理解・実践して頂き、これからの大きな変革期に対応するためには、敢えて、暴挙・極端とお叱りを受けるのを覚悟で「メンタルヘルス対策には、笑い(ユーモア)が必要である」を提案させて頂きます。ご笑味ください。
講演内容・概要 区分: メンタルヘルス
【講演内容】
1.人はなぜ笑わなくてはいけないのか。
  ・お笑いと笑い(ユーモア)の違い 
・凄いからおもしろいへ

2.笑いの3つ効用(健康力、人間関係力、創造力)
・悩みと迷いの違い 
・こころ(楽しい)とは  
・左右脳の活性化(新しい発想法)

3.どの様に笑えばいいのか(3つの笑いサイクルを実践)
① 顔が笑う; ・いい顔とは ・しあわせとは
② こころが笑う:五感で四季を感じる、感動する
③ 脳が笑う:ユーモアを楽しむ・創る

4.笑い(ユーモア)は本物である
以上
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2018年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2017年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。