印刷する

絵を描いて、楽しく『ぐるぐるコミュニケーション』♪

講師名 飯田真弓
講師名よみ いいだまゆみ
肩書き 元 国税調査官税理士
産業カウンセラー
日本芸術療法学会正会員
都道府県 大阪府

プラン詳細

タイトル・演題 絵を描いて、楽しく『ぐるぐるコミュニケーション』♪
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 保護者(小学校)
受講者の説明 “子どもとどのように接すればいいのか解らない…”そんな悩みをお持ちの方、結構多いのではないでしょうか?この講座では一般社団法人日本マインドヘルス協会の顧問(医学博士・京都ヘルメス研究所長・京都大学名誉教授の山中康裕氏)が発案した【MSSM法】を体験していただきます。一般社団法人日本マインドヘルス協会では、【MSSM法】のことをわかりやすくするために、『ぐるぐるコミュニケーション』と名づけ、毎月、1回、あべのハルカスの”縁活”のプログラムとして実施しています。今、様々なシーンでコミュニケーションの大切さについて問われています。特に、子どもは言葉で伝えることが十分でなく、親としてもどのように関わればいいのか頭を悩ませてしまうことも多いかと思います。今回の講座では、かわりばんこにぐるぐるお絵かきをするだけでコミュニケーションがよくなるということを、参加者全員の方に体感していただきます。クレヨンを持った瞬間に子どもの気持ちに返ることができます。是非、お家に帰ったら子どもさんと一緒にやってほしいととも思っています。
前半は、自己理解が深まる『ONテスト』を体験していただきます。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
私は国税で26年間税務調査という仕事をしながら二人の息子を成人させました。2008年“税金に関わる仕事よりもっと大切ことがある!”と気づき国税を退職。現在は、一般社団法人日本マインドヘルス協会代表理事、産業カウンセラーとして、“こころに気づきともに健やかな未来を育みあう”という理念のもと活動を行っています。

大阪府守口市教育委員会の人材バンクに登録させていただき小学校の授業でも授業をさせていただきました。

※ぐるぐるコミュニケーションのやり方
A4の画用紙を黒のサインペンで6つに区切り、一人が、クレヨンを1本選び、ぐるぐると描き、もう一人の人は、その線が何に見えるかをイメージし、その線を絵に完成させます。
ひとつ絵が出来上がったら、今度は、もう一人の人が、クレヨンを一本選び、ぐるぐると描き、もう一人の人は、その線が何に見えるかをイメージし、その線を絵に完成させます。
これをかわりばんこに5回繰り返し、最後、6つ目の枠の中に、出来あがった5つの絵を繋げてお話を作るというワークです。

とっても単純、なのに、楽しく、二人が仲良くなれるワークショップです。
参加された方、全員、笑顔になって帰っていただけます。

前半はご自身の自己理解が深まり、自己肯定感が高まる『ONテスト』を体験していただきます。
『ONテスト』は国税庁人事部や大阪商工会議所のメンタルヘルスケア研修として実施した実績のある内容です。
”今のままでいいのかしら?””私って本当は何がしたかったのかしら?”
モヤモヤしている気持ちが、霧が晴れたように、パット明るくなり、明日から、もうちょっと頑張ってみようかなと自分で自分の背中を押せるような気持になれます。
講演内容・概要 区分: コミュニケーション
【タイムスケジュール例】(90分)

 ① 自己紹介 (10分)
 ②『ONテスト』の説明(5分) 
 ③『ONテスト』の実施(20分)
 ④『ONテスト』の見方を説明(15分)
 ⑤お隣同士、気づきを対話(10分)
 ⑥『ぐるぐるコミュニケーション』のやり方の説明(5分)
 ⑦ 二人一組で『ぐるぐるコミュニケーション』を実施(30分)
 ⑧作った物語をお隣同士で発表(5分)
 ⑨講師からまとめのお話&アンケート記入(10分)

この講座では、参加者全員の方に簡単な絵を描いていただきます。

“絵は下手なんでちょっと無理・・・”

と思われる方もいらっしゃるかと思うのですが、絵の上手い、下手は気にしなくて大丈夫です。思いつくままさらさらと描いていただけば結構です。
ヒトは誰でも言葉を話す前に殴り書きをします。“絵を描く”ということはヒトが気持ちを表現することの原点です。
紙に向かって絵を描こうとクレヨンを持った瞬間にご自身の深層心理にアクセスすることが出来、描くことで潜在意識が顕在化されるのです。

子どもさんとのコミュニケーション方法として是非ともご活用いただければと思っております。
根拠・関連する活動歴 『ぐるぐるコミュニケーション』は、毎月、あべのハルカス縁活、街ステーションで実施し、ご好評いただいているプログラムです。
主催者に準備を
お願いする物
プロジェクター、パソコン、当日配布をお願いする資料のデータを事前に送信させていただきますので、当日、参加者人数分印刷し配布をお願いいたします。。各自12色以上のクレヨンと黒のサインペンと消しゴムをご持参ください
講師が準備するもの 参加者人数分の4Bの鉛筆
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2018年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2017年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。