印刷する

人が自発的に動く3原則
~成果を創る人のセルフモチベーション術~

講師名 高村幸治
講師名よみ たかむらこうじ
肩書き モチベーションコンサルタント
組織育成パートナー
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 人が自発的に動く3原則
~成果を創る人のセルフモチベーション術~
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 職場リーダー
受講者の説明 ・人を巻き込む力が不足していると感じている方
・成果を創り出す組織の秘訣を体得したい方
・モチベーションを持続させたいと願っている方
・組織内のコミュニケーション能力を2段階高めたい方
・組織の中で個人の能力が充分に発揮されていない
・将来に対する不安があり、モチベーションが持続されにくい
・円滑なコミュニケーションが組織内で取れず、意思疎通が図りにくい
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
《要旨》
このセミナーでは、組織の中で「自発的に動く」人たちを育成することを目的としています。
「なぜ動かないのか?」という原因を追求するのではなく、「どんなときに動きたくなるのか?」という可能性に焦点をあて、“気づき”と“変革”を組織の中に構築していきます。
そのために、「人が自発的に動く5原則」を理論理屈だけではなく、「心」と「体」で習得していただきます。
さらに、学びの促進のため、独特の“楽学スタイル”を導入し、学びに“楽しみ”を見出すことで、継続する仕組みを組織に提供します。

《もたらせる効果》
・自らの可能性に気づき、自発的に行動しやすくなる
・仕事に対する意義を見出し、モチベーションを高く維持できる
・コミュニケーションが円滑に取れ、意思疎通が取れ、機会損失が減少する
・提案・改善案がよりスムーズに上がってくるようになる
講演内容・概要 区分: モチベーション
1.力が湧きでる思考法「問題解決ではなく、解決の構築」
 ・長所を伸ばして、短所を個性に変える
 ・得意分野は再現しやすい
 ・頑張ることが、足かせになることも

2.「勝ちグセ」を体に染み込ませよう!
 ・目標は、大きなものではなく、小さなものから
 ・抽象的なものではなく、数値化・計量化できるもの
 ・肯定形で語られ、イメージできるもの

3.より円滑な人間関係を構築する中心哲学
 ・もし、上手くいっているのなら、変えようとするな
 ・もし、一度やって成功したのなら、再現せよ
 ・もし、上手くいっていないのなら、違うことをせよ

4.自らをも動機付けする“誉め方”の極意
 ・欧米型の褒め方スキルは、日本人には違和感がある
 ・過ぎ去った嫌な過去を活用し、現状を高める
 ・あいまいに褒めることで、自然に受け入れてしまう

5.“理性”ではなく、“感情”を動かす
 ・動きたくなる“感動ストーリー”の影響力
 ・知らずに親近感がわく“埋め込み”の技術
 ・プラスの思い込みを引き出す“前提”話法

その他のプラン

  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2017年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社は今年40期を迎え、新サービス「SBマーケット」も8年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2016年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。