印刷する

組合役員のためのストレスフリーコミュニケーション術
~組合員との信頼関係を高めるために~

講師名 高村幸治
講師名よみ たかむらこうじ
肩書き モチベーションコンサルタント
組織育成パートナー
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 組合役員のためのストレスフリーコミュニケーション術
~組合員との信頼関係を高めるために~
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 労組役員
受講者の説明 ・労働組合 組合役員の方々(職場委員、分会長、職場代表・・・など代議員の皆さん)
・年上の方とのコミュニケーションが上手くいかない組合役員の方。
・思いを自己表現・自己開示するのに苦手意識を感じている組合役員の方。
・年上の組合員にどうしたら気持ちよく動いてくれるかを悩んでいる組合役員の方。
・目上の組合員とのコミュニケーションがぎくしゃくしているように感じている。
・現状を良くしたい思いはあるが、それらを組合員に上手く伝えきれていない。
・役員は上司ではないため、組合員が思うように言うことを聞いてくれなくて悩んでいる。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
「あなたの言うことなら喜んでやるよ」
そう組合員の方に思ってもらえる組合役員の方を育成します。

“楽学(らくがく)メソッド”を用いた練習法で、
その日からの組合員の方とのコミュニケーションに
良い変化をおこせるようプログラムを構築しております。
講演内容・概要 区分: コミュニケーション
1.恩があるから、それを返そうとする原理を活用する。
 ・組合員の方が望んでいるものを聞いていますか?
 ・自分の恥を自らさらけ出していますか?

2.“ありがとう”の感情が人を動かす。
 ・組合員の方に“感謝”できることは何ですか?
 ・“ありがとう”と伝えるよりも、“ありがとう”と言ってもらう効果とは。

3.愚痴に同意しても人は動かない。
 ・マイナス感情を平常心に戻す聴き方の技術。
 ・「やりたくない」を「やってみよう」に変える聴き方。

4.あなたの存在がかけがえのないものになっているか。
 ・組合員が心地よくなる言葉の使い方。
 ・自律的な行動を生み出す褒め方。

・行動科学、心理学をベースにした実習をふんだんに取り入れ、気づき・変革を促します。
・講義:実習=3:7で構成されている、体験学習になります。
・実習ごとに振り返り、全体発表、質疑応答を設け、学びの納得度を深めます。

※90分~120分のワーク形式の講演でプログラムを構成しておりますが、
元々が1日研修をベースとしているため、長時間へのアレンジも可能です。
根拠・関連する活動歴 割方が年上の部下・後輩、そして半数が女性という部署を長年切り盛りしてきた経験から語れる実体験があります。

その他のプラン

  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2018年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2017年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。