印刷する

残業ゼロで成果を挙げる仕事術
~厚生労働省「イクメンプロジェクト」推進委員&「イクメンの星」が語る~

講師名 新田 龍
講師名よみ にったりょう
肩書き 働き方改革総合研究所株式会社 代表取締役
ブラック企業アナリスト
厚生労働省「イクメンプロジェクト」推進委員
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 残業ゼロで成果を挙げる仕事術
~厚生労働省「イクメンプロジェクト」推進委員&「イクメンの星」が語る~
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 総合職
受講者の説明 ・時間を有効に活用したいと考えているビジネスパーソンの方々
・同じ時間でも生産性を上げて働き、効率的に仕事をこなしたい方々
・ワーク・ライフ・バランスを実践したい方々
・育児や介護などで、どうしても残業が難しいが、仕事は目の前に大量にあり、なんとかこの状況を打開したいと考えている方々

現場の人数は減っている、時間が限られている・・・などなど時間のやりくりの苦労があります。
しかし、ただ単に「時短」ではなく、成果は残さないといけない。
現代の情報化・スピード化社会においては、どこか主体的でない、不満足感やイライラのある時間を過ごしがちではないでしょうか。そういう中で、成果が出る時間の使い方、仕事の仕方が重要になってきます。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
本講演/研修によって、次のようなメリットがもたらされます。

・個人にとってのメリット
仕事の効率が向上し、同じ時間でも付加価値の高い成果を出すことができるようになります。

・組織にとってのメリット
「残業すればいいや」で対処できなくなるので、仕事やシステムの不効率な部分が明らかになり、潜在的な問題が解決できるようになります。

・経営にとってのメリット
これからの少子高齢化、労働力減少社会では、「多様な働き方を提供」でき、「決められた時間内で成果を出せる」会社が勝つことは間違いありません。今からそのような組織づくりに着手できます。
講演内容・概要 区分: ワークライフバランス
実践体験談(ロールモデル): 管理監督者系
【挨拶】
講師より自己紹介
「ブラック企業」での超絶ハードワークと、独立起業後「イクメン」としてワーク・ライフ・バランスを実現するまで
 ※ワーク:「残業が常態化した組織」の問題点とは?

【講義】
いつも残業するのが当たり前の会社、何が問題なのか?
1.業務効率面
2.組織課題顕在化面
3.人材獲得と定着面
 ※ワーク:正しい目標設定と、間違った目標設定

【講義】効率的に時間を有効活用して成果を出すためにできること
1.機械的にすぐやる
2.やらないことを決める
3.コミュニケーションを変える
4.仕組みをつくる
5.ペナルティを用意する
 ※ワーク:今日から何をすればいいのか
根拠・関連する活動歴 ・「ブラック企業」における1日18時間のハードワークをこなしていた実体験
・独立起業後、育児のため「18時半業務終了」を実現させたスケジューリングと業務手法
・ワーク・ライフ・バランスコンサルタントとして、厚生労働省委託による全国各地での講演経験

その他のプラン

  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2017年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社は今年40期を迎え、新サービス「SBマーケット」も8年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2016年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。