印刷する

「危機管理ガバナンスに組織としてどう取り組むか」
~トラブル事例に学ぶ~

講師名 新田 龍
講師名よみ にったりょう
肩書き 働き方改革総合研究所株式会社 代表取締役
ブラック企業アナリスト
厚生労働省「イクメンプロジェクト」推進委員
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 「危機管理ガバナンスに組織としてどう取り組むか」
~トラブル事例に学ぶ~
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 中小企業経営者
受講者の説明 ・企業経営者、管理職層の方々
・労働組合 組合役員、組合執行部の方々
・現場リーダー層の方々
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
昨今のメディアでも取り上げられているスポーツ関連での大学の記者会見などから、ハラスメントとコンプライアンス、危機管理における意識が高まっております。
コンプライアンス、ハラスメント、危機管理について、トラブル事例を交えてわかりやすくお話します。
講演内容・概要 区分: 危機管理・コンプライアンス・CSR
■オリエンテーション
・講師自己紹介

■講座Ⅰ コンプライアンスは単なる
       「法令順守」ではない

<一般的な「コンプライアンス」の大誤解>
・「組織コンプライアンスの3階層」とは?
・法令に明確な定めがなくても、組織内のルールに違反する場合は?
・社会で認められないような行為はどうすべき?
・「組織を守るため」の不正をどう扱うか
・「職員の倫理観」が「組織の倫理観」を創る


■講座Ⅱ その一言、完全に
       「ハラスメント」です!

<どんな言動、行動が「ハラスメント」になるのか>
・コンプライアンス違反にまつわる「炎上」トラブル事例
・組織への悪影響事例
・身近に存在するコンプライアンス違反のタネ
・「○○ハラ」が組織を潰す!
・ハラスメントの種類と判断基準

【ケーススタディ】
・各事例がハラスメントに該当するか否か判断


■ 講座Ⅲ 危機管理のための
       ガバナンスと、
       今日から具体的に
       とるべきアクション
       
<コンプライアンス違反を出さないための
 危機管理と組織ガバナンスにおける具体的なノウハウ>
・トラブルを未然に防ぐ仕組みをつくる
・トラブルが起きた際の対応指針を決めておく
・一般基準より厳しい、自組織独自のローカルルールを策定する
・トラブル防止のため、役員と広報部門が今日からできること
・悪評が広まったとき、「やるべきこと」「やってはいけないこと」
・危機管理広報の落とし穴


■本日の振り返り
・本日の要点まとめ
・質疑応答

その他のプラン

  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2018年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2017年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。