印刷する

こどもたちの現状
~こどもの心ともう一度つながり合うための3ステップ~

講師名 齋藤敦子
講師名よみ さいとうあつこ
肩書き 保健師、助産師、カウンセラー、大学教員
元 病院副院長、医療コンサルタント
都道府県 群馬県

プラン詳細

タイトル・演題 こどもたちの現状
~こどもの心ともう一度つながり合うための3ステップ~
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 保護者
受講者の説明 保護者、PTA、教職員の皆様
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
思春期の子どもを持つ親の皆様から、よく聞く問題は「学習のこと」です。しかし、そこからよく掘り下げていくと、子どもも親も絆やつながりをもてずに「落ち着いて学習できない」「学習環境をつくってやれない」「学習どころではない、生活面の乱れ」などの問題が根深いことがわかります。落ち着いて勉強や部活に励み、青春を謳歌するためには、親と子が絆を取り戻し、家庭内で子どもも親ものびのびと暮らすことが前提なのです。
子どもともう一度つながり、現状をかえるための講演となります。

1.自分と相手の”いのち”を実感し、リアルに体験することができる。
2.もう一度、まず 親や大人が自分を大切にすることができる。
3.いのちの奇跡を思い出し、自分、家族、周りの人たちと共につながり合い、
助け合う素晴らしさを認識することができることで、子どもとのつながりの再確認になる。
講演内容・概要 区分: 教育・青少年育成
体感型の講演。講演の中に、数々のグループワークを織り交ぜて、楽しみながら、”いのち”を実感し、いのち(ありのままの存在としての子どもたち)の奇跡を知る。

こどもともう一度つながるためには、まず自分を大切にし、自分を愛することを思い出す。自分とつながった後、身近な人とつながり、だんだんに子どもとのつながりを取り戻す。

時々、講師自身の実体験も踏まえて、”こどもの心ともう一度つながるための3ステップ”が各自、簡単に実践できるように勇気を与える。
<50人参加の場合>
隣の人と二人一組になるワークと、前後の4人で行うグループワークにして、あまり動かないでもできるようにします。
心理学的手法を用いながら、親御さんたち、みんなでひとつになって素敵な人生を再誕生させたいと思います。
根拠・関連する活動歴 日本とバングラデシュで 今まで数々の自己価値、自己尊重を高めるお手伝いをしてきました。
<これまでの対象者>
小学生、中学生、高校生、大学生、保護者、PTAの方々、教職員、看護師、看護学生、医学部の学生、自閉症児の親御さん、思春期の子を持つ主婦のみなさん、小学五年生全校生徒への理科の「誕生」の授業。若い女性たち。教員、医療者など。
主催者に準備を
お願いする物
PC,プロジェクター、スクリーン、ホワイトボード
講師が準備するもの 音源、スライドの内容をUSBにてお持ちします
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2019年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2018年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。