印刷する

シンプルに知る、シンプルに守るー地震気象防災の基本と災害時のコミュニケーションの取り方

講師名 三浦まゆみ
講師名よみ みうらまゆみ
肩書き 気象予報士
(予報/解説キャスター/講座講師)
都道府県 神奈川県

プラン詳細

タイトル・演題 シンプルに知る、シンプルに守るー地震気象防災の基本と災害時のコミュニケーションの取り方
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 成人一般
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
完璧に知っているつもりでも微妙にあやふやな天気予報、地震、津波についての基本知識。
気象情報は、こと非常時/異常災害時には刻々と更新されながら伝えられていますが、リアルタイムで活用できている方はほとんどいないと見受けられます。
そこで、その知識の基本、情報活用のキを抑えておくと、万が一の時だけではない、日常生活においても「心と体」を守る備えの一つとなるものです。
速やかな情報入手、より的確なその伝達については、全国を巻き込んだ311・東日本大震災を境に、マスコミ・SNSと多様なルートで情報が伝わるという情報通信の拡大変化を目の当たりにする機会ともなりました。
それゆえ、情報ルートの多様化から真偽の交錯、混乱を招きがちな情報の中から自身にとって必要なものの選択とその活用も非常時の重要な要素とされています。
緊急性と即実践に結びつく「基本的な気象情報の知識と使い方」は、今後も普遍であり、現在懸念されている首都圏直下、広域の東南海地震にもまずは心の備えと物質的な備えにつながります。
本講演では、日常に直結する防災気象情報の基本中のキホンの知識、使い方をあらためて確認して頂くことで、非常時の際の行動にも確実に生きていくかと思います。
また、東日本大震災で液状化および液状化によるライフライン被害下での生活、二次災害として起きた周辺の化学工場の爆発の影響、原発放射線による生活への影響など、都市型生活の中で体験した自宅避難民生活の体験(主に女性目線が入るかと思いますが)もお話しながら、みなさまとの体験/情報シェアと今後を考える時間にできればと思っております。
講演内容・概要 区分: 防災・防犯
気象・地震・津波のシンプルな基礎知識と活用方法、また、組織を中核にして所属員、その家族、地域との関わりに合わせた防災体制、グッズの揃え方についてお話させて頂きます。
なお、講師の実体験から都市型災害と津波災害についても多様にお話できるかと思います。

その他のプラン

  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2017年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社は今年40期を迎え、新サービス「SBマーケット」も8年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2016年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。