印刷する

シンプルに知る・使う・つながる:防災情報の基本を日常に生かす&あなたの事業で地域をつなげる

講師名 三浦まゆみ
講師名よみ みうらまゆみ
肩書き 気象予報士
(予報/解説キャスター/講座講師)
都道府県 神奈川県

プラン詳細

タイトル・演題 シンプルに知る・使う・つながる:防災情報の基本を日常に生かす&あなたの事業で地域をつなげる
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 中小企業経営者
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
いつのまにか生活必需品になった携帯電話、携帯用PC。
モバイル機器を通して入手されるあらゆる情報の一つに
気象・災害情報も含まれています。
東日本大震災意向は、みなさまもとみに
携帯電話、ネットを通じてこれらの情報を
TPO問わずに自然に活用されていることと思います。

気象情報の本来の大きな役割は
人命救済のための危機管理情報であるという
ことですが、一般的には日常生活に溶け込み、
挨拶やちょっとした会話のきっかけ、また、
衣食住に関わりながら細やかにその情報を生かせる、
生活密着情報でもあります。

さて、こと非常時/異常災害時には刻々と更新されつつ
伝えられていますが、リアルタイムでその情報を
活用できていますでしょうか。

本講演会では、
気象防災知識の基本とその活用方法をお伝えし、
万が一の時だけではない、日常生活においても
「心と体」を守る備えの情報であることをお話します。
また、それを踏まえつつ、みなさまの個々の事業の持つ
社会的貢献と役割を、防災を軸にした視点から
平常時ならびに異常時の地域(コミュニティー)をつなげるために
何が出来るのか、ワーク形式でともに考えて参りたいと思います。

この機会に、シンプル=基本に還りながら
私達に一番身近な情報のさらなる活用と
地域活動の活性化のきっかけになれば幸いです。
講演内容・概要 区分: 防災・防犯
形式:講義とワークの組合わせ
時間:1時間半〜2時間

<講義>
○毎日の天気予報の基礎知識
・天気予報の見方、使い方
・各メディア(テレビ/ラジオ、新聞、web・携帯)の情報の違い、活用法

○地震情報の基礎知識
・緊急地震速報
(・現在予測されている大地震について)
・内陸型の災害

<ワーク>
○防災体制
 ・ゼロ防災〜備蓄までを考える
 ・事業を生かした防災ネットワーク作り

○質疑応答
主催者に準備を
お願いする物
PC(投影用、ネット接続可能)
スクリーン
ホワイトボード
プリント用意(使用素材はこちらで提供)。
講師が準備するもの PC、プリント用素材(適宜)

その他のプラン

  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2017年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社は今年40期を迎え、新サービス「SBマーケット」も8年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2016年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。