印刷する

受かる就活生、落ちる就活生の分かれ目はココだ!
~ 採用現場の本音と建前 ~

講師名 小松俊明
講師名よみ こまつとしあき
肩書き 東京海洋大学教授
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 受かる就活生、落ちる就活生の分かれ目はココだ!
~ 採用現場の本音と建前 ~
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 大学生等
受講者の説明 就活を控えて焦りと不安を感じている学部3年生・4年生、将来の就職先や大学生活の有意義な過ごし方に迷いのある学部1年生・2年生を対象。
新卒の採用市場は、かなり冷え込んだまま、長いトンネルから抜け出せない状況があります。さらに、新卒採用数を減らす企業も多く、海外大学卒業生や、外国人採用に踏み出す企業も増えつつあります。

グローバル化の時代を迎え、さらなる競争激化が予想される中、大学生のうちに取り組んでおくべき勉強や社会活動があります。できるだけ早くから取り組むことが大切であるわけですが、どのようにして自分の経験値やスキルアップを実現していけばいいのかわからない人も多いことでしょう。

本講演では、就活を勝ち抜く方法に加えて、学生のうちに取り組める将来に役立つ様々な活動についても、具体的に紹介します。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
高度なIT化が進み、それと同時にグローバル化の時代を迎えました。工夫次第では、学生のうちにバイトやサークル以上の、さまざまなユニークな活動ができる時代を迎えています。

就活で企業にアピールすべきことは、いかにオリジナルのアイディアをもっているか、具体的にどのような行動を起こしたか、そうした経験を通じて何を学んだかについてです。

すでにあるもの、与えられたもの、引き継いだものをそつなくこなしたというアピールでは足りません。こうした観点から、部活動や学校の成績はアピールになりづらく、他の学生との差別化もできないのです。

ではどうしたら、自分オリジナルの発想を持てるか、そしてユニークな行動ができるか、基本的な考え方とアプローチ方法についても、講演の中でお話したいと思います。
講演内容・概要 区分: その他実務スキル
拙書「転職の青本」「25歳からのよい転職悪い転職」「35歳からの成功転職マニュアル」などでも取り上げた、企業への上手なアピール方法を紹介します。採用現場の本音と建前についても、具体的にお話します。

また、講師自身が大学教育の現場にいる経験を踏まえ、現在の大学生気質を理解した上で、どのような学生時代を過ごせば、自信を持って就活に臨めるか、具体的な活動例などを紹介しながら、その発想法についてもお話します。
主催者に準備を
お願いする物
プロジェクター、ノートブック等
講師が準備するもの 当日投影資料

その他のプラン

  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2018年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2017年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。