印刷する

団塊シニア世代の「幸せなセカンドキャリア」を考える
~生涯現役な人に共通したライフスタイルと発想法な何か~

講師名 小松俊明
講師名よみ こまつとしあき
肩書き 東京海洋大学教授
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 団塊シニア世代の「幸せなセカンドキャリア」を考える
~生涯現役な人に共通したライフスタイルと発想法な何か~
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 定年後
受講者の説明 団塊シニア世代の方、団塊シニア世代を支援する組織

今の時代、団塊シニア世代は大変若く、様々な調査を見ても75歳どころか、80歳を超えても何らかの形で働き、社会との関わりを持つことを希望する人が多いことがわかります。

一方、社会は少子高齢化の時代を迎えており、高齢者の人口が急ピッチで増えています。実際のところは仕事を求めても、その競争率は若い人の比ではないという現実があります。

ではどうすれば団塊シニア世代は、自分らしい「幸せなセカンドキャリア」をみつけられるのでしょうか。実際、セカンドキャリアをスタートさせて幸せな毎日を送っている人のライフスタイルと発想には、どのような特徴があるのかについてお話したいと思います。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
定年後に新たに始まる「セカンドキャリア」と向き合うためには、定年前までのファーストキャリアからしっかりと卒業することがまずは必要です。

その上でセカンドキャリアで実現したいことは何か、ミッション、ビジョンとバリューを考え、それに基づいた無理のない自分のライフスタイルを考えてみることが次のステップになります。

先が読めない時代ではありますが、団塊シニア世代が将来を不安に思う気持ちを少しでも払しょくするためにも、「幸せなセカンドキャリア」の様々なカタチについて具体的に紹介しながら、参加者の方々に前向きな気持ちになって頂けるような話にしたいと考えています。
講演内容・概要 区分: ライフプラン
団塊シニア世代の「幸せなセカンドキャリア」を考える
~生涯現役な人に共通したライフスタイルと発想法~

■定年前のファーストキャリアから卒業するにはどうしたらいいか

■定年後のセカンドキャリアにみられる様々なカタチを考えてみよう

■「幸せなセカンドキャリア」を支えるライフスタイルと発想法とは


講師はビジネスマンの「キャリアと働き方事情」に詳しく、長年企業の採用業務にも関わってきました。キャリアアップ希望の転職者や、失業されている中高年の再就職支援を長年行ってきた経験から、団塊シニア世代のセカンドキャリア事情にも精通しています。
主催者に準備を
お願いする物
プロジェクター、ノートパソコン等
講師が準備するもの 投影データ

その他のプラン

  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2018年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2017年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。