印刷する

ロジカルコミュニケーション、これでうまくいく

講師名 長谷川孝幸
講師名よみ はせがわたかゆき
肩書き 風土刷新コンサルタント
失敗回避アドバイザー
日本ほめる達人協会特別認定講師
都道府県 千葉県

プラン詳細

タイトル・演題 ロジカルコミュニケーション、これでうまくいく
スタイル区分 研修
想定する受講者区分 管理職
受講者の説明 日々の業務の中で、情報をやり取りする際に苦手意識がある人、伝えることに不安がある人、理解するのに不安がある人。あるいは自覚はしていないが、周囲からコミュニケーションの改良を指摘されている人。
高度情報化社会において、情報のやりとりは複雑化、多様化、高度化しています。
しかしいくら技術や環境が変化しても、そのしくみを取り扱う人がロジカルシンキング、ロジカルコミュニケーションのスキルを身につけていなければ情報の疎通は妨げられます。
効果的な発想法、効果的な情報疎通の方策を確認し、今後のブラッシュアップの契機としていただきます。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
1.論理的思考(ロジカル・シンキング)を習慣にすることで業務
  におけるムリ・ムダ・ムラを解消する
  論理的思考ができていないと行動の方向性を誤り、ムリ・ムダ・ム  ラを発生させてしまいます。これは対外的な場面だけでなく社内で  もメンバーに過剰な負担をもたらすことになります。「理詰め」で  考え業務を整理しましょう。
2.お客様により高い水準のサービスを提供するために、思考のピント  を合わせる
  せっかく心をこめて身をいたして接してもピントがずれていたら先  方の喜びにはつながりません。より的確に「気が利く」人になる方  法を共有します。
3.問題意識、改善意欲を高め、効果的なコミュニケーションをとる方  策を知る
  問題を問題と思わない、そもそも異常を感じ取ることができないと  いうのは改善が永遠になされないということです。気づく力を伸ば  しましょう。
講演内容・概要 区分: コミュニケーション
1.「ロジカルである」とは?
①ロジックを駆使する、しかし溺れない
②因果の道理をつないでいく
③混沌を明瞭に変える
2.ロジカルであるメリット・デメリット
①ロジカルシンキングのメリット
②ロジカルシンキングのデメリット
③デメリットを避ける方策
3.ロジカルシンキングの基本手順
①シンプルに書く、3つに書く
②検証しながらつなげる
③想定を拡げない、狭めない
④メモのとり方、メモの整理
⑤言語能力と数値能力
4.職場におけるコミュニケーション
1.質・量・タイミング
2.職場のコミュニケーションの役割
3.「役に立つ」ということ

上記について、4、5名程度のチームに分かれていただき、ディスカッションと作業を中心としたワークショップを提供します。
主催者に準備を
お願いする物
ホワイトボードか黒板をご用意ください。
パソコン本体もスクリーンも不要です。
事前にテキスト原稿をお送りしますので、必要分のコピーをお願い致します。
講師が準備するもの 事前にテキスト原稿をお送りします。

その他のプラン

  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。