印刷する

強くてハッピーなチームをつくる
メンタルヘルス&コミュニケーション

講師名 晴香葉子
講師名よみ はるかようこ
肩書き 作家、心理学者、心理コンサルタント
早稲田大学オープンカレッジ講師
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 強くてハッピーなチームをつくる
メンタルヘルス&コミュニケーション
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 労組役員
受講者の説明 ・何とか部下の能力を伸ばしたいと思っていても「どう関わればよいか分からない」と問題を抱える上司の皆さん。
・労働組合 組合役員の方々(職場委員、分会長、職場代表・・・など代議員の皆さん)
・リーダー職、上司の方々
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
よかれと思ってとった行動が裏目に出てしまった、という経験はありませんか?上司、部下、同僚、家族、仲間…距離が近ければ近いほど、このようなコミュニケーションギャップが起こりがちです。同じことも伝え方ひとつで、相手に与える印象が変わってしまうのです。強くてハッピーなチーム役立つ「伝え方」「受け取り方」について、実践的に解説します。
講演内容・概要 区分: コミュニケーション
*メンタルへルスの現状
・生活保護受給者の激増、少子・高齢化、うつ病患者の増
 加、勤労意欲の低下
・「仕事上ストレスを抱えている」
 =原因のトップは「社内の人間関係」61%

*良いコミュニケーションの重要性
・新しいタイプの長寿・孤独社会
・日々のストレスの原因の多くは、人間関係
・ストレスはコミュニケーションにより改善可能
・身近な人は、相談者に選ばれる

*セルフコミュニケーション
・簡単にできるメンタルケア
・勤労者のストレスレベルは、疲労感と関係が深い。
 →ため息と疲労感

*対人コミュニケーション/ラインケア
・ネガティブな影響=嫌いな上司の下で働いていることに
 よる高血圧は、脳卒中のリスクを33%高める。
・傾聴
1.カタルシス効果
心の内にあるさまざまな感情を言葉にして表現し、信頼できる人が聞いてくれると、その苦痛が解消され、安堵感や安定感を得る。
2.行動変容
話すことで課題が整理され、行動が起きやすくなる。
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。