印刷する

「AI(人工知能)時代のビジネスコミュニケーション」

講師名 晴香葉子
講師名よみ はるかようこ
肩書き 作家・心理学者・心理コンサルタント
早稲田大学オープンカレッジ講師
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 「AI(人工知能)時代のビジネスコミュニケーション」
スタイル区分 講演
受講者の説明 ビジネスマンの方々
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
近年、急激に現実味を帯び、間近に迫ってきた「2045年問題(シンギュラリティ)」に向けて、ビジネスシーンの心理やコミュニケーションは劇的に変わっていくと予測されています。どう変わり、どのような心の準備をしておけばいいのか。最新の認知心理学、コミュニケーション学の視点から解説します。
「シンギュラリティ(技術的特異点)」という言葉を御存知でしょうか。コンピューターの知能が人間の推測できるレベルを超える瞬間のことを言います。
ムーアの法則(コンピューターチップの性能が18カ月毎に2倍になる)をもとに考えると、ある地点で、人類の知能を超えるAI(人工知能)が誕生し、それ以降は、AIがもっと優秀な(人間では創り得なかった)AIを開発していくようになる……その地点を“シンギュラリティ”と呼び、2045年頃だろうと予測されています。
近年の技術革新は目覚ましいので、もっと早くシンギュラリティがくるのではないかという考えもあります。
ビジネスシーンでロボットとの共生が当たり前になる時代。ある部分では、ロボットが人間を凌駕する時代。
病気はなくなり、寿命は100歳を超えるといったポジティブな話題から、職を奪われるという不安の声もあります。
ビジネスシーンの心理とコミュニケーションは、どのように変わり、今、何を準備しておくべきでしょうか。
元IT技術職の就労経験を持つ、現役の研究者である講師が、最新の認知心理学とコミュニケーション学の視点から解説します。
講演内容・概要 主な内容(90分)
〇「2045年問題(シンギュラリティ)」とは
〇ビジネスシーンにおけるロボットとの共生
〇休憩不要・不平不満ゼロ・エラー無し、ロボの優位性
〇人間の優位性。増える仕事、無くなる仕事
〇AI(人工知能)が“感情”も学習するようになったとき
〇ビジネスシーンにAI(人工知能)応用を巡る倫理的議論
〇豊かでハッピーな人間・ロボット共生社会へ向けて、今できること
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2018年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2017年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。