印刷する

”あなたの感性チェック”-どうしたら幼稚園児の感性に追いつけるか?

講師名 高橋 裕
講師名よみ たかはしゆたか
肩書き 高橋裕経営人財研究所 代表
都道府県 千葉県

プラン詳細

タイトル・演題 ”あなたの感性チェック”-どうしたら幼稚園児の感性に追いつけるか?
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 企業経営者
受講者の説明 経営者、管理者、担当者等どなたにもおすすめします。
鈍った感性を取り戻し、他人と良いコミュニケーションをとりたいと思っている方。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
パワーポイントスライド上で問題を出し、それに答えていただきます。
大人はこの問題にほとんど答えることができません。
幼稚園児はすらすらと答えます。
なぜでしょうか?
感性の違いです。
感性がどれほど鈍っているか体感していただき、感性を高めるポイントを身につけます。
問題は図解化したものでわかりやすく面白く、抱腹絶倒間違いないです。
講演内容・概要 区分: 意識改革
設問例
1.これは何ですか?(「黒点」をスライドに示します)
2.共通点を挙げてください(「猫」と「冷蔵庫」の絵を示します)
3.どうやって助かりましたか?(「カエル」と「バケツ」の絵を示します)
4.何メートルまで上がって飛びますか?(トンボの父親・母親・赤ちゃんの絵を示します)
5.何が描いてありますか?(「ローソンの看板」を示します)
6.どこか変ですか?(「セブンイレブンのロゴ」を示します)
7.この会社の社名は何と書きますか?(「キャノン一眼レフカメラ」の写真を示します)
8.この詩の中に動物が何匹隠れていますか?(ある「詩」を示します)
9.看板に何が書かれていますか?(箱根路の何件か続くコンビニ店の最後の店の看板を示します)
10.一筆書きしてください(「9個の黒点」を示します)

パワーポイントスライド上に上記設問(質問文と絵)を一つずつ示しながら、答えを考えていただきます。
参加者はなかなか答えることができません。
しかし、進行するほどに、感性を豊かにするコツをなにがしかつかんでいくことができます。

AIが発達し、人間の理性脳(左脳)はAIに浸食されていきます。
しかし、AIにできないこと、それは感性脳(右脳)であり、AIは感性において人間に代替することはできません。

感性豊かな人こそがこれからの時代に必要とされる人であり、感性なしに生きてはいけないとも言えます。

ご案内する内容は楽しく面白く、真に感性の重要性にも気づいていただけます。
根拠・関連する活動歴 ビジネスパーソン向け講「演・セミナー」業をやっています。
講演・セミナー実績1,150件で、韓国、中国を含み、国内一般企業(業種を問いません)、官公庁主催セミナーも手掛けています。
60分から2日間に及ぶプログラムを多数保有します。

活動と履歴の詳細はホームページをご覧ください。
検索:「高橋裕経営人財研究所」(たかはしゆたかけいえいじんざいけんきゅうじょ)

あっという間に時間が過ぎること、とにかくためになること、をお約束します。
主催者に準備を
お願いする物
スクリーン
講師が準備するもの パソコン、プロジェクター、コード類一式
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。