印刷する

小学校に上がる前に必要な教育とは

講師名 米田 崇
講師名よみ よねだたかし
肩書き 元 民間人校長
都道府県 京都府

プラン詳細

タイトル・演題 小学校に上がる前に必要な教育とは
スタイル区分 講演
想定する受講者区分
受講者の説明 幼稚園児、保育園児をもつ保護者
最近、情報過多で、幼稚園児、保育園児をもつ保護者は、小学校に上がる前に、どんな教育をすべきかに悩み、大きな不安を抱いている。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
小学校就学前に必要な教育は、漢字や計算能力ではなく、人として備えるべき人格の基礎段階の教育である。
人への思いやり、やさしさ、がまんする力、自分で考え、行動できる姿勢など。幼少時にそれらをしっかりと教えないと
手遅れになる。なぜなら、人格の大部分がこの時期に決まってしまうからである。この時期を逸して、後であわてても、指導が入りにくい。小学校で学習することを前倒しするよりも、人の話をしっかりと聴く姿勢を身につけさせることが重要だ。そのためには、親が子どもの話をしっかりと聴いてあげることだ。そんな親を見て、子どもは話の聴きかたを学習する。授業をしっかりと聴く習慣があれば、どんどん学力も向上する。
講演内容・概要 区分: 教育・青少年育成
実践体験談(ロールモデル): 教育者系
講演には、パワーポイント等による資料は準備しない。
パソコンやスクリーンも必要なく、聴講者の顔をまっすぐ見て話しかけたい。

《 講演内容 》

① 幼稚園児、保育園児をもつ保護者の悩みや不安を提起。

② 保護者を悩ませる、社会的背景の解説

③ 小学校就学前に、最も必要な教育は何かを、理由を分かりやすく示しながら詳しく解説する。
④ 最後に、保護者の皆さんが、自分を肯定して自信をもって子育てを楽しんでいこうという気持ちにさせる。
根拠・関連する活動歴 27年間の民間企業での勤務の後、民間人校長として、和歌山県の三つの小学校で勤務させていただいた。
 子どもたちからは、学習ができても、自分で考え、行動しようとする意欲をあまり感じなかった。
 これからは混沌とした社会が待っている。彼らがたくましく生き抜くために、真に必要な力とは何かを伝えたい。
それには、幼少時の人間性教育が欠かせない。
 そのため、近隣の保育園や幼稚園に出向き、保護者に集まっていただき、講演や相談会を多数実施した。
 そこで、保護者の切実な悩みや不安が見えてきた。
主催者に準備を
お願いする物
ホワイトボードか黒板
準備したシートを黒板に掲示するためのマグネット
講師が準備するもの 大切な内容を明記した数枚のシート
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。