印刷する

今が大事!中高校生!

講師名 米田 崇
講師名よみ よねだたかし
肩書き 元 民間人校長
都道府県 京都府

プラン詳細

タイトル・演題 今が大事!中高校生!
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 中学生・高校生
受講者の説明 少し進路を意識しだした中高校生
中学生になると、完全に自我が芽生え、これまでに学習したことから、現実を見据えて、ある程度将来を推測できるようになる。
しかし、明確には自分の将来を描けず、今、何をすることが大切かを探し求めている。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
* 人間としての基礎は、小学生の間にほぼ決定される。
小学生のうちは、本能で学ぶことが多い。
* 中学生、高校生になると大人への入り口に立つことになる。
* 現実の社会を認識できるようになり、これまでの人生で学習したことをもとに、自分の将来をおぼろげながら推測することができる。
* 中高校生の時に一番必要なことは、「どう考えるか」という力をつけることだ。なぜ勉強しないといけないか、健康でいるために何をしなければならないか、何をしてはいけないかなど、将来の自分に必要なこと、不必要なことを的確に判断して、それに沿った生活をすることが大切だ。
* 生き方の基礎を築くのは、中高校生時代だ。この時期の考え方、生活の仕方でほぼ人生が決定されてしまう。
講演内容・概要 区分: 教育・青少年育成
実践体験談(ロールモデル): 教育者系
講演には、パワーポイント等による資料は準備しない。
パソコンやスクリーンも必要なく、聴講者の顔をまっすぐ見て話しかけたい。

《 講演内容 》

① 小学生時代で人間性の基礎ができあがる。

② 中学生、高校生の時期は、「考え方」を身につける。

③ これからの自分の人生をある程度描ける能力がある。

④ 自分の理想的な将来のために、何が必要かを明確に定め、それに沿った生活を心がける。

⑤ 人生を設計する力を養うのが、中高校生の時期である。
根拠・関連する活動歴 * 民間企業で27年間勤務したことから、一般社会で本当に必要な力とは何かを強く感じた。その力について、中高校生にわかりやすく説明したい。
* 大人への入り口にいる彼らに、責任感と役割を自覚できるように導きたい。
* 二児を育てた経験から、親としての視点からも助言できる。
主催者に準備を
お願いする物
ホワイトボードか黒板
長机(小道具を準備しますので、それを置く台)
講師が準備するもの 重要なことを書いたシート数枚
話の内容にそった小道具
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。