印刷する

「心の病とともに生きる」“当事者”と“家族”の心あたたまる対談講演

講師名 咲 セリ
講師名よみ さきせり
肩書き 作家
在宅WEBデザイナー
都道府県 大阪府

プラン詳細

タイトル・演題 「心の病とともに生きる」“当事者”と“家族”の心あたたまる対談講演
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 成人一般
受講者の説明 心の病を抱えている当事者
そのご家族、パートナー
福祉関係や支援をされている方
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
心の病気とつきあうには?
心の病気でも、自分に合った仕事ができるのか?
結婚や子育てはできる?
合う病院をみつけるには?
「死にたい」と思った時、どうすればいい?
依存や摂食障害は抜け出せる?
リストカットは、やめなきゃいけない?

心の病当事者として活動する私の元には、いつも多くの質問が届きます。

そんな私が、いつもお伝えすること。
「心の病は、自分らしく輝く力になる!」

NHKの番組や、著書「死にたいままで生きています」で、幼少期に体験した心の傷、思春期の自傷や暴力、性依存、心の病気を赤裸々に綴る、咲 セリ。
それでも生きぬいて、「しあわせになれた」と噛みしめる、“心の病当事者”ならではの気づきや喜びを、ありのままに語ります。

対談相手は、夫であるカジ。
家族会での講演などでも好評を得た、リアルな体験、本音の苦しみ、その中でみつけたしあわせをお伝えできればと思います。

また、第二部では、実際に回復につながったさまざまな「工夫」をお伝えします。
同じように生きづらさを抱える当事者、それを支えるご家族、支援する立場の方に希望を与え、今すぐ使えるテクニック盛りだくさんの、あたたかい講演です。

重いテーマでありながら、聞いた方がほっとらくになってもらえるよう、あたたかい笑いと、すがすがしい涙を流せるとご好評いただいています。
皆様にはあきらめかけてしまいがちな「生きづらさ」が、必ず克服可能で、意味のあるものであると感じていただければ幸いです。
講演内容・概要 区分: 人権・平和
1.「死にたい」から「生きててよかった」に変わるまで
   ・心を傷つけられた、幼少期
   ・自傷や家庭内暴力をふるった思春期
   ・いじめ――「自分なんて、世界で一番、いらない人間」
   ・「セックスをすれば、生きていてもいい」
   ・下剤依存と摂食障害
   ・同棲相手へのドメスティックバイオレンス
   ・「心の病(強迫性障害・境界性パーソナリティ障害・双極性障害)」の発覚
   ・精神科病院をたらいまわされて
   ・不治の病の猫に教わった「命は生きているだけで愛おしい」
   ・心の病だから踏み切った、在宅WEBデザイナーへの道
   ・愛情をもらって、「生まれなおしていく」
   ・「生きていこう」最後の自殺未遂が教えてくれたこと
2.回復につながった8つのメソッド(パワーポイント)
   ・なんでも書いていいノート
   ・自分のリズムを知る記録表
   ・どんなマイナスにも味方になる
   ・誰かに弱音を吐く
   ・世界とつながる
   ・認知のノート
   ・「○○病」と名付ける
   ・私の取り扱い説明書

3..質疑応答

(合計約2時間)
根拠・関連する活動歴 【ご来場者さまのお声】

「とても深いお話で胸が熱くなった」
「内容がもっと暗い部分が多いのかと思っていましたが、お二人の対談形式で、前向きな気分で聞くことができた」
「自分を肯定して、自分と上手に付き合っていきたいなあと思う」
「苦しんでいる当人、ご家族も安心できる講演だったと思う」
「当事者の生の声が聞けてよかった」
「自分だけの悩みが特別なものではないと、心が軽くなった」
「生きやすくなるための8つのメソッドを聞き、参考にしていきたいと思った」
「本当に、ありのままを聞かせてもらい、勉強になった」
「当事者と、支える側の当事者として、本音の部分を聞かせていただき、共感できた」

【主なテレビ出演】

NHK教育チエノバ(境界性パーソナリティ障害)
NHK教育 「アワーボイス」(いじめ)
NHK教育「ハートをつなごう」(依存症)
NHK教育「ハートをつなごう」(精神疾患)
NHK教育「ハートをつなごう」(マイノリティ)
フジテレビ「ハピふる!」

【主な著書】

『絆の病 境界性パーソナリティ障害の克服』(ポプラ社)岡田尊司氏との共著
『死にたいままで生きています。』(ポプラ社)
『ちいさなチカラ―猫エイズと白血病 黒猫あいの物語』 (ラセ)
『ちいさなチカラ あいとセリ』 (ゴマブックス)
『フィナーレを迎えるキミへ』(ペットライフ社)

【主な連載】

朝日新聞ペット欄『あいが教えてくれたコト』、『あいが遺してくれたコト』
NHK福祉ポータル『ハートネット』

【新聞、雑誌掲載】

朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、神戸新聞、ウーマンライフ新聞、猫の手帳、うちの猫のキモチがわかる本、他多数
主催者に準備を
お願いする物
マイク
テーブル
イス
パワーポイントが入ったパソコン
映写機
お水
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2020年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も10年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2019年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。