印刷する

建築現場の労働災害を防ぐ
~エラー発生のメカニズムと現場での防止~

講師名 島本長範
講師名よみ しまもとながのり
肩書き CIMA人財教育開発 代表
都道府県 千葉県

プラン詳細

タイトル・演題 建築現場の労働災害を防ぐ
~エラー発生のメカニズムと現場での防止~
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 職場リーダー
受講者の説明 建築現場で働いてる全ての方に、エラー発生のメカニズム(人間はなぜ間違えるのか)と防ぐ方法を伝えます。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
【ヒューマンエラーによる労働災害を減らす】
労働災害防止をヒューマンエラーの視点で考える講演です。と言っても難しい言葉や理論ではなく身近な事柄からヒューマンエラーを考えて行きます。
例えば、「何故、人間は間違いを起こすのか?」、「昼寝はどの位の効果があるのか?」、「双方向のコミュニケーションの効果は?」又、「仲間の一言が災害防止に大切である」と言った基本的な事を数字や事例を紹介しながら進めます。
そして、「人は誰でも間違える」と言われますが、工夫、改善、そしてチームの力で災害の発生を少なくする事を理解して頂きます。

【目的、ねらい】
次の2つが講演の目的、ねらいです。
(1)ヒューマンエラーが何故起きるのかについて理解する
(2)現場での災害/エラーの防止方法の一端を理解する

【聞くだけではない参加型】
講演の効果を上げる事を目的に参加型の講演を行います。講師の話を一方的に聞くのではなく、問題を仲間と考える、簡単な演習を行う、等、参加型の講演です。
講演内容・概要 1.イントロダクション
2.ヒューマンエラーは、なぜ起こる
(1)エラーとは
(2)エラー発生のメカニズム
  (人間はなぜ間違えるのか)
(3)人間の能力と限界
  ①記憶(作業中断時の注意点)
  ②プレッシャー(あせり)*ミニ演習
  ③睡眠(2種類の睡眠)
  ④錯視(見た目で判断せず、定規で測る)
  ⑤コミュニケーションその1(説明時間=聞く側の限界)
  ⑥コミュニケーションその2(双方向のコミュニケーション)
3.災害/エラーを防止するには
(1)エラーの発見
  ①エラーを見つける方法は、3つしかない
  ②災害/エラーの防止 ⇒チーム力が大切
(2)災害/エラー防止策
  ①慣れ(指差呼称の習慣化⇒脳が活性化)
  ②集中力(脳を元気にする⇒昼寝、1粒のチョコレート)
  ④職場風土、慣習⇒近道行動、自己流(意欲、能力の高い人が陥りやすい)
  ⑤3S(整理、整頓、清掃)⇒単なる片付けとは違う、
  ⑥身振り/表情 等の重要性(話す前に見られている)
4.まとめ
(1)最も伝えたい事(安全に特効薬はない)
主催者に準備を
お願いする物
プロジェクター
スクリーン
レジュメの印刷(参加者配布資料、10ページ程度)
講師が準備するもの パソコン
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。