印刷する

先生が元気になる話

講師名 和田慎市
講師名よみ わだしんいち
肩書き 前公立(静岡県)高等学校教頭
日本体育大学 浜松日体中・高等学校講師
都道府県 静岡県

プラン詳細

タイトル・演題 先生が元気になる話
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 教職員
受講者の説明 現役教師(管理職、一般教員等)や、教師を目指す学生など
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
最近、疲れている先生方が増えています。その理由として次の4点があげられると思います。
①管理職や同僚への不満や苛立ち
②児童生徒に対する教科指導・生徒指導への迷いや自信喪失
③文科省や教育委員会からの指導や調査・報告の増加などに伴う多忙感や抑圧感
④保護者やマスコミ・市民からの批判や要求に対する焦燥感や諦め感
 特に真面目な責任感のある先生ほど、日々の職務や問題発生時に矢面に立つことが多く、内と外からの挟み撃ちにあって疲弊しています。
 私自身、綱渡りながら36年間素晴らしい教師生活を送ることができましたので、自分の実践経験を通してストレスの解消法、元気になるメッセージを伝えることで先生方がエネルギーを得て、自信をもって今後の教師人生を送れるようなアドバイスをしたいと思います。
講演内容・概要 区分: 教育・青少年育成
1誤解されている教育現場と教師の実態
2先生に元気がなくなった理由
3管理職や同僚に対する不満と対処
4生徒や保護者に対する悩みと対処
5教育委員会等外部に対する疑問と問題提起
6私(和田)のストレス解消法
7教師人生の実践から学んだこと
8皆さんの今後の教師人生のために
根拠・関連する活動歴 公立高等学校の教諭・教頭として、36年間定時制や教育困難校を含めた11校もの多種多様な学校に勤務し、主に危機管理や生徒指導において教育界に貢献してきました。これまで一千件を超える事件・事故に対処し、職を賭すような大事件の解決にもあたりながら無事教職を全うしましたので、先生方にその実践を通して得たことがかなり伝えられのではないかと思います。
 事件の具体的な対処は拙著「実録・高校生事件ファイル」(和田慎市:共栄書房2012)で、またテーマ内容の詳細は2作目「すばらしきかな、教師人生―先生が元気になる本―」でご覧になれます。
主催者に準備を
お願いする物
水差し、ホワイトボード
講師が準備するもの レジュメ数枚程度
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2017年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社は今年40期を迎え、新サービス「SBマーケット」も8年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2016年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。