印刷する

子供のために保護者が学校(教師)とやり取りするポイント

講師名 和田慎市
講師名よみ わだしんいち
肩書き 前公立(静岡県)高等学校教頭
日本体育大学 浜松日体中・高等学校講師
都道府県 静岡県

プラン詳細

タイトル・演題 子供のために保護者が学校(教師)とやり取りするポイント
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 保護者(全般)
受講者の説明 学校の不祥事、事故、行き過ぎた指導等の報道もあり、学校教育に不安や不満を感じていたり、先生との接し方がわからなかったりしている保護者の皆様。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
学校事故・事件などが発生すると、学校(教師)と保護者は敵対関係になりがちですが、子供を「立派な大人に成長させたい」思いはまったく同じはずです。世の中様々な人間がおり、適格性を問われるような教師が一部に存在することは事実ですが、まだまだ日本の教師の多くは児童・生徒思いで仕事熱心です。ただおだてればよいわけではありませんが、先生と協力関係を構築し、やりがいを実感してもらえば、それが結果的に子供の教育にもプラスに働くはずです。
講演内容・概要 区分: 教育・青少年育成
1.保護者が学校(教師)と対立する主なケース
2.トラブル解決アラカルトー実践例(主に生徒指導や学校指導方針をめぐって)
3.困った先生の例(指導力、性格、不公平等)
4.先生(学校)とのやり取りで心配なこと(クレーマー扱い、子供の不利益等)
5.先生とのやり取りでのポイント(先生や他の家庭の立場になって考える、子供の信頼関係を重視する等)
6.先生(学校)との協力(信頼)関係構築へのアドバイス(まとめ)
根拠・関連する活動歴 30数年間、11校もの多種多様な高校に勤務し、約1000件に及ぶトラブル・事件を解決した実績があります。その中には保護者と学校のトラブルも含まれます。
拙著「すばらしきかな、教師人生―先生が元気になる本―」の中で、「保護者との協力関係の作り方」で説明しています。また同じテーマで先生方対象ですが、平成27年に講演を行っています。
主催者に準備を
お願いする物
ホワイトボード、水差し
講師が準備するもの レジュメ A4版で2~4枚
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2017年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社は今年40期を迎え、新サービス「SBマーケット」も8年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2016年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。