印刷する

IT企業の管理職が押さえておくべき法務問題

講師名 杉浦健二
講師名よみ すぎうらけんじ
肩書き 弁護士
都道府県 兵庫県

プラン詳細

タイトル・演題 IT企業の管理職が押さえておくべき法務問題
スタイル区分 研修
想定する受講者区分 管理職
受講者の説明 IT企業役員、管理職、渉外担当者、労務責任者
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
システム開発、ソフトウェア開発などを行うIT企業では、ユーザーとの間で行うシステム開発委託契約の具体的内容を定める際のポイントや、業務の一部を下請業者に委託する場合の法律問題(業務委託契約の内容、下請法や労働者派遣法など)などに直面する場面が多いにもかかわらず、管理職においても十分な理解ができていないという声を多く聞きます。
本研修は、IT企業の管理職が押さえておくべき法務問題を、現場で起こる具体的実例や実際の裁判例を交えて解説する内容です。
講演内容・概要 区分: IT・インターネット
以下は一例です。研修時間等によって、内容をカスタマイズいたします。

序章 交渉で優位に立てる契約書の基本知識
 1 契約の基本
 2 知っておくと優位に立てる契約書TIPS7選
第1 システム開発委託契約と法律
 1 システム開発委託契約の定義
 2 システム開発委託契約の種類と流れ
 3 システム開発委託契約の法的性質
 4 システム開発における、請負契約と準委任契約の相違
第2 業務委託・派遣・SES、各契約は何が違う?
 1 業務委託契約とは?
 2 業務委託契約が雇用契約と判断されるケース
 3 業務委託契約が労働者派遣契約と判断されるケース(偽装請負)
 4 派遣先会社が負う義務
 5 SES契約(システム・エンジニアリング・サービス契約)とは
第3 ソフトウェア産業における下請法の規制
 1 下請法の適用対象となる取引
 2 親会社の義務
 3 親会社の禁止行為
 4 下請法に違反した場合の罰則とこれまでの指導事例
第4 ソフトウェアをめぐる知的財産権の基礎
 1 下請ベンダとの関係
 2 ユーザとの関係
第5 免責規定は会社を救う
 1 原則は契約>法律
 2 一定の場合は法律>契約(強行法規) 
 3 自社が責任を軽減する規定(免責規定)はどこまで有効か?
 4 ギリギリの免責規定のラインとは
根拠・関連する活動歴 IT企業(システム開発、ソフトウェア開発)の顧問弁護士としての具体的実例の蓄積があります。
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2019年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2018年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。