印刷する

命の連鎖は社会との連鎖

講師名 田中康弘
講師名よみ たなかやすひろ
肩書き NPO法人代表理事、写真家, 文筆業
都道府県 埼玉県

プラン詳細

タイトル・演題 命の連鎖は社会との連鎖
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 保護者
受講者の説明 複雑化した現代社会では当然であると思われる事ほど曖昧な状況に置かれるものです。何故人は生きているのか、生きるのか、簡単に答が出ないからこそ放置するのではなく解らないなりにも様々な切っ掛けで考えるべきでしょう。不幸な出来事であった東日本大震災に直面し多くの人が考えたはずです、生きることの意味を。今一度、非常時からではなく日常から命、生を考えたいと思います。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
現代社会は経済のグローバル化に伴い人、物、金が考えられないほどのスピードで交錯するようになりました。過去の価値観が大きく揺らぎ何を礎に人は生きるべきなのかが解りにくい時代に入っています。
 その様な時に昨年の未曾有の大災害。真面目にコツコツと生きてきた土台そのものが何もかも失われる現実に多くの人が涙に暮れ、あるいは茫然自失の体となりました。
 それでも何故人は生きていくのか、生きねばならないのか。辛い現実と向き合いながらも生を保たねばならないその理由が少しでも解れば多くの人の力となるでしょう。一人の命は一人の物ではない。言い古された言葉ですがその意味を理解するのはなかなか難しいのではないでしょうか。元々はっきりと一つの答が出る問ではありません。しかしその問について考える事は大変重要です。その問に対する答を探す事がひょっとしたら人生なのかも知れません。“命の連鎖”という言葉をキーワードとして一人一人が家族、社会について寄り深く考える切っ掛けにしたいと思います。
講演内容・概要 昔から“自分の命は自分一人のものではない”とよく言われます。その意味するところは敢えて言わなくとも解ると殆どの人が考えてはいないでしょうか。そのようなあまりに当たり前すぎる事柄は敢えて人と話す事もありません。しかしそのような当然すぎる位当然で大切な事ほど曖昧模糊とした状態に置かれるのが常なのです。
 この当然皆さんが理解していると思える事について“命の連鎖”という観点からお話しをしたいと思います。今生きている一人の人が生まれるまでにどれくらいの命が繋がって来たでしょうか。旧人類から新人類の歴史が始まって依頼の恐ろしく長い年月に渡り子孫を残し続け、そして未来の子や孫にも命は受け継がれていきます。これが単純な命の連鎖でしょう。しかし、人間は社会を構築し生きる動物です。直接の遺伝的繋がりが無くとも協力しあって生きねばなりません。社会的な関係性による繋がりです。これも間違いなく重要な連鎖なのです。この連鎖があればこそ各種の技術や知恵や伝統が受け継がれるのです。そしてこの様な知の連鎖無くして社会の生も守られないのです。
ここで写真を見せます。山の中で熊に手を合わせる二人のマタギの姿
仕留めた熊に手を合わせるマタギの姿にどういう意味があるのか。皆さんと一緒に考えます。(ハーバード白熱教室で有名なサンデル教授のメソッドです)そこから見えるものは自然と人間、食べる事と生きる事、食物連鎖、命の尊厳、畏れ、そして伝統、継承と様々な事象が見えてくるはずです。その全てに命が絡む。親子親戚赤の他人、動物、魚、植物と実は全ての命は網の目のように結ばれて一つの世界を形成している。それはまるで地球そのものの様な球体をしているのです。この網の目を繋ぐ部分が命だと考えれば解りやすい。一つの命は必ず複数の命と結ばれ更にその先が広がる。一つ一つの命を粗末にする事は球体を形作る繋ぎ目が粗末にされること。それは球体自体を危うくする事にならないでしょうか。そのように考えられればたった一つの命の意味が少し解って来ると思います。
自然と人間の関わりを通しながら命の連鎖について話をしていきます。
主催者に準備を
お願いする物
プロジェクター、パソコン(有れば)
講師が準備するもの 映像資料
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2020年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も10年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2019年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。