印刷する

地方地域が生き残るためにやらねばならないこと。
地域力を高めて活性化する為の方策。

講師名 田中康弘
講師名よみ たなかやすひろ
肩書き NPO法人代表理事、写真家, 文筆業
都道府県 埼玉県

プラン詳細

タイトル・演題 地方地域が生き残るためにやらねばならないこと。
地域力を高めて活性化する為の方策。
スタイル区分 講演
受講者の説明 地方地域で生計を立てている個人商店、団体、企業。地域振興、観光振興、産業振興担当行政関係者。
農協、漁協
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
地方が現在抱える諸問題、中でも過疎化高齢化による経済の停滞は若い人がそこで暮らしたくても暮らせない状況を生み出している。
これは先祖代々守り続けてきた故郷喪失の危機と言える。
箱物を中心にした活性化策は功を奏さずその負担が重くのしかかるのが現状だ。
それなのに更なる箱物を求める姿勢はそろそろ止めるべきである。
地域にはまだまだ活かされていない財産が数多く埋もれている。
そのような地域資源を適材適所で活用して最小限の投資で最大限の効果を上げることは不可能ではない。
レアケースを承知で言えば徳島の過疎の村が所謂葉っぱビジネスで年間数億円を売り揚げているではないか。
これは解りやすい成功例である。
地方を活性化するヒントは間違いなくその地にある。
それは人材であり、自然であり、伝統である。
その中から商品として価値あるものを見出し、生み出すことが地域の新産業の礎になるはずだ。
但しそれが出来るのは外部の目、余所者の観察力が欠かせない。
地元民と余所者のコラボレーションが新たなる可能性の芽を生み出すのだ。
必ず地方地域は元気になれる。
講演内容・概要 ①地方地域の現状と分析
②地域力とは何か
③余所者の視点の重要性
④新たな物は何も要らない
⑤全てのヒントは生活の中にある
⑥マタギの里での実践例
⑦不便な地域こそITを活用すべき
⑧情報は口コミ、マスコミを只で利用
⑨売れる物は何でも売る
⑩全てのアイディアは住民の中にしかない
主催者に準備を
お願いする物
プロジェクター(有れば)
スクリーン(有れば)
講師が準備するもの 資料
画像データ
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2020年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も10年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2019年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。