印刷する

チャンスは突然やって来る!?

講師名 木村正人
講師名よみ きむらまさと
肩書き ファイナンシャル・プランナー
GLGカウンシルメンバー
都道府県 和歌山県

プラン詳細

タイトル・演題 チャンスは突然やって来る!?
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 成人一般
受講者の説明 誰にでも起こりうることなので、すべての受講者と言えます。

チャンスはどこにでも隠れている?


最近の例:

働き方改革!?

消費税のUP!?

老後に2000万円!?


老後に2000万円必要かと言われると、蚊帳の外のお話としている方も
案外多い。政治の争点としたい方は別としてそんなところ!?

ただし、自助努力で少しでも多くの老後資金が欲しいと言う方は
此れを機にお金を貯めようと頑張れる方もいる。
ちょっとした動機づけがチャンスをもぎ取れるキーポイントでもある。

私のペンネーム「富士丘 夢ゴロウ」・・・「夢ゴロウ」は
チャンスを代弁している??


それでは実践年齢は?・・・どうでしょうか?
金さん銀さんは100歳でチャンスをものにしています。


過去を引きずらずに、今の自分が勇気を奮い起こして

今行動することでチャンスが巡って来る???
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
誰にでもチャンスは突然やって来るものです!

「掴む:成功する、掴めない:しない」は別としてチャンスは突然やってくるものです。

   人生には 「就職・結婚・独立・セカンドライフ」 と様々なライフイベント

が待ち受けていますが、時には転職・失職・離婚などもあるでしょう。

   ただし、どんな時にでも突然チャンスは巡って来るものです。

   その時、意識する、しないは別にして、ご自身が本当に目指しているものを

   心の片隅に模索しているはずです。

   万策つきた???

   ある企業経営者が語った言葉に

 「全ての計画には最低三つの策(プラン、計画)を樹立すべきである。

  世間 には、よく『万策つきた』という人がいる。

  実は万策でなく、単に一策の計画 のみの場合が多い。」とある。


  三策

  ①最良の策

  ②次善の策

  ③撤退の策

  「果報は練って待て」という言葉があります。

  「果報は寝て待て」というのは昔だから通用したのかもしれません。

   年金受給にしても、資産運用にしても、その時折に環境が変わるものです。

ただし、目的と方法をたてて、夢の実現へ計画案の実行を決意した以上は、

   それについてはためらってはならない!?・・・ここに個人差がでてくるもの

   性格はなかなか変わるものではないから!?

   ただし、

   NOチーズ=そこにはもうチーズはないんだよ?・・・「米国・心理学?」

   すみやかに撤退する決断も必要です。

   すぐれたファンドマネージャーはここが違うようです。

   これは投資だけの話でもないのです・・・

   それにしても、ピンチもチャンスも突然やって来ます!

   また、①~③のどのステージかは分かりません。

   例えば仮に③だとしましょう。

   万策尽きた!

   仲間からも見放された!

   人生最大のピンチ?・・・それとも最大の転機のチャンス!?

   どうとらえるかで失敗を恐れずに掴むことができるか?

   それとも私には無理だときっぱり諦めますか?

   時の過行くままに放っておきますか?

   あなたならどうします!!

   指をくわえて見てますか???

   いつまでも元気でいるわけでもなく
  
   後に悔やまずにいられますか?


後悔なぞあろうはずがない・・・イチロウ

   だけではない・・・あなたにも明日

   肩を叩いて来れる人に出会うかも知れません!?
講演内容・概要 区分: 意識改革
よく耳にする?「ピンチをチャンスと捉えられる方は成功する可能性の高い人」だと言える。また、護るものが多いと冒険も挑戦もやりずらい。やっても下手だし、失敗するかもしれないし、と臆病になるのかも?その時にこそ勇気を奮い起こして挑戦するのか?これはやってみないとわからないものです。ただし、自然界や経済界の想像以上の大きな現象には非力を感じる事も事実です。ただし、その挫折でさえも生きていれば、巻き返しのチャンスが巡ってくるものかも知れません。体調が悪ければお医者さんに、マネーの事はFPに、法律の事は弁護士に相談すれば、大抵は楽になります。要はそれを実行しようとする勇気なのかもしれません?自分ひとりでモンモンとせず早く心のストレスを開放しましょう!成功と失敗を繰り返し、人生の終焉終を迎えた時に自分自身が納得出来れば、良い人生ではないでしょうか?私が出会った街の老男性の絵描きさん、盲目のカメラマンご夫妻、自己流の水彩画で他国の教壇にも立つ女性、全国を走る笑顔の似顔絵師さん、シンガポールに人生の最終章を求めて移住された親友、地域のFMラジオに生きがいをかける方々と様々な生き方を拝見してまいりました。当初は海外なんて怖いから行かないと言っていたご夫婦も定年後に世界へ48回もの旅を繰り返し人生を謳歌されている。それぞれにピンチをチャンスに変えてきた実績があります。私も9.11テロ時には米国に滞在していました。これがFP独立の引き金にもなりました。その時です!いつの日か世界を相手に結果「貢献」を残したいと決意しました。その後も名古屋に講師に招かれた折には52年ぶりの雪に出会いました。まだまだ道のりは遠いなと思いました。リーマンショックで世界経済が危ぶまれる中、お客様と共に乗り越えてもまいりました。いくつかのお客様の挫折をそれに屈することのないよう激励もしました。これらの出来事がなければ出会えない新たな出会いもありました。その一つにリスクを侵して世界優良の企業様にアドバイスするという選択を決断できたのです。本当に偶然ではない出会いがあなたにも訪れるでしょう!その時に失敗を恐れず挑戦できる自分がいると思いませんか!。最善の策とは自分自身が一番よく心得ているものなのかもしれません。人生最大のチャンスがそこに現れてきたらどうしますか?普段の生活において突然のふとした気づきから思わぬ勝負どころとなってあらわれて来ます。さらに、これをチャンスと捉えられるかどうかで、新発見!?経験した事が無い何かを生み出すことにつながるとも限りません。皆さまが経験されたカメラのシャッターチャンスを例にしても、世に反響が無い場合でももう二度とこない一瞬をとらえているわけです。せっかくやってきたチャンスです。しっかり掴みましょう。
根拠・関連する活動歴 NPO法人日本FP会初代県支部長として「支部・近畿ブロックなど」で不特定多数の方に無料相談「阪神・淡路で震災に合われた方のご相談も」・その他フォーラムを企画運営「自らパネラーなども」。IAFP当時会長のロスレービン氏とも親交を深め。ICFPの当時会長ジョーン氏とも親交を深めました。4度目となるFP北米研修会参加の折に2001年テロに遭遇、貴重で歴史的な経験となりました。また、日本のFP協会専務理事故小林一雄氏の推薦により日本FP学会にも所属しました。「金銭教育」の分野でもセミナーを企画開催。FPフェアー2003には実行委員として企画・運営にも携わりました。国家資格のFP技能士1級導入の際には資格試験講師も務めさせて頂きました。46歳で銀行を退職、独立系FPとして、FP相談・プラン実案、その実行サポートを14年近くさせて頂いています。その間、TV・ラジオにも出演、日本経済新聞社より講演のお誘いを頂いたり、学校・信用組合~地方銀行・証券会社~大手金融機関などの原稿執筆・研修会講師/講演等をさせて頂きました。また、世界最大のコンサルテイン・ググループであるガーソンレーマン・グループよりスカウトがあり、当時日本人では数百名程度「現在:約8000名」のカウンシル・メンバーになりました。こうして世界のトップ企業様へのコンサルテイングが実現・・、FP独立後の永年の夢が現実となり、それだけでなく、非常に高い評価を頂きました。国際化の新時代・チャンスは突然巡りくるものなのです。
主催者に準備を
お願いする物
マイク「プロジェクターにて投影まで」
講師が準備するもの 資料(A4裏表PDFにてお渡し=必要部数コピーをお願いします。)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2019年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2018年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。