印刷する

本気で患者視点になれば調剤薬局は変わっていく

講師名 鈴木信行
講師名よみ すずきのぶゆき
肩書き 患医ねっと株式会社代表取締役
NPO法人患者スピーカーバンク理事長
精巣腫瘍患者友の会副代表
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 本気で患者視点になれば調剤薬局は変わっていく
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 医療関係者
受講者の説明 調剤薬局を変えたい、経営状態を良くしたいと本気で思っている方に、新しい視点とアイデアを提供します。
薬価改定、医療費抑制など、医薬を取り巻く社会状況が激変している中、いままでのやり方で薬局が生き残れる時代はまもなく終わります。
これからは、患者のニーズをいかに応え、顧客を得ていくかが必要。
いまの調剤薬局にその視点は大きく欠乏しています。
そのことに気づくきっかけをつくります。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
調剤薬局がまもなく頭打ちになることは自明。
調剤薬局が、薬だけ売っていて、生き残れる時代は終わった。

では、どうするのか?
本気で患者視点を考えればよい。

そのためには、患者(=ユーザー)の声を聴くことが第1ステップのはず。
今回は、患者視点で調剤薬局に求めることを述べる。
本気で考えていただきたい。

そして、本気で取り組んだ調剤薬局は、今後も生き残ることができる。
講演内容・概要 区分: 医療・福祉実務
医薬品を売っていればいいという発想そのものが古いです。

他の業界を見てください。参考にしてください。
時代は流れるのです。
行政の指導や、制度などもあり、それに縛られている多くの調剤薬局。
だからこそ、そのニッチな部分を考えられ、実行できた薬局だけが成長する。

例えば、ディズニーランドは並ばせていても客は怒らない。では、薬局では待たせると怒る客がいる。なぜか? 患者視点で考えれば方策が出てくる。

例えば、入りたくなるラーメン屋と入りなくならないラーメン屋の違いは何か? 薬局も同じ。それを患者視点で考えれば方策が出てくる。

例えば、飲食店で喫煙が出来る店と出来ない店がどうしてあるのか? 患者視点で考えれば、その理由も見えてくる。

・・・他業界を見れば、いまの調剤薬局に足らない視点が見えてきます。

なお、当日の講演ではより具体的な提案策を提示できます。また、主催者のみなさまのご意向があれば、それに沿うようにいたします。
主催者に準備を
お願いする物
パワーポイントが使えるパソコン、プロジェクターおよびスクリーン
講師が準備するもの 発表データ(USBメモリにて)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2020年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も10年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2019年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。