印刷する

結婚後の将来を見据えたライフプランニングのススメ

講師名 木村 祐介
講師名よみ きむらゆうすけ
肩書き ファイナンシャルプランナー・金融知力インストラクター
都道府県 広島県

プラン詳細

タイトル・演題 結婚後の将来を見据えたライフプランニングのススメ
スタイル区分 講演
受講者の説明 結婚相談コンサルタントの皆様。
どなたでも、受講いただいてためになると確信しています。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
雇用の不安定化・可処分所得の減少に伴い、私たちの経済生活は今後ますます苦しくなっていくことは目に見えています。
そんな中、新卒段階から就職に失敗する学生、就職しても十分な給与が得られないヤングサラリーマンがあふれ、
また女性の社会進出で自立性が高まる中、男性と女性共に、結婚生活に対しての自信・魅力が感じられなくなったと考えます。

そんな中、注目されているのがライフプランニングという手法です。
現在そして未来にわたって、自分の収入と支出の観点から生活を見直し、個々の生活に合った最適化を図ることで
将来的な経済不安を和らげ、余裕を持っていただくことを目標とします。

そんなツールがあるということを、コンサルタントの皆様に知っていただきたいと思います。
結婚情報サービスを利用される方々が、経済的な将来設計を見える化し、人生の伴侶を探し、より幸せな生活を送りたいと思うモチベーションを
持っていただけるような、そんな素敵なスキルを身につけていただければ幸いです。

追伸ですが、小生は結婚情報サービスを利用して結婚しました。システムのメリットとデメリットを良く理解していますので、
コンサルタントの皆さまとも打ち解けてお話しできると思います。
また、小生の本業は自動車部品製造業ということもあり、珍しい異業種FPです。きっとご希望に添えるものと考えています。
講演内容・概要 ①人々を取り巻く環境について
一般的な若年社会人の生活を例に挙げ、収支を見える化して、いかに大変な世の中であるかをお伝えします。
②ライフプランニングとは?
ファインナンシャルプランニングの根幹であるライフプランニングとは何か?そして、それを活用するメリットをお伝えします。
③具体的なライフプランニングの方法
皆様の個々の生活を、ライフプラン表を使って実践いただきます。
④質疑応答
主催者に準備を
お願いする物
【講義中にお借りしたい物】
①ホワイトボード、または黒板
②プロジェクター、ノートパソコン、スクリーン
③レーザーポインタ
【印刷物】
①パワーポイント資料のレジュメ
②ライフプランシート
上記2つの資料を事前にお送りしますので、受講生様の人数分を印刷ください。
講師が準備するもの パワーポイント資料(パワーポイント2000で動作すればOKです。)
事前に資料をお送りしますので、動作確認をよろしくお願いします。
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2019年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2018年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。