印刷する

今、事業引継ぎ(M&A)の現場で何が起こっているのか

講師名 鈴木 均
講師名よみ すずきひとし
肩書き 中小企業のM&Aアドバイザー
脳夢ブレソンゼミ主宰
株式会社メルサ 代表取締役
都道府県 宮城県

プラン詳細

タイトル・演題 今、事業引継ぎ(M&A)の現場で何が起こっているのか
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 中小企業経営者
受講者の説明 全体の3分の2にあたる65%の中小企業で後継者が不在であることが判明し、社長の年齢が「60歳代」の企業では55%が後継者不在。同じく「70歳代」は43%、「80歳以上」でも3社に1社にあたる33%が不在という調査結果があります。後継者不足で廃業に追い込まれ、独自の技術が失われるケースが目立っているため、政府が平成26年12月にまとめた地方創生に関する総合戦略には、中小企業の事業引継ぎ(M&A)支援の拡充が盛り込まれています。自社の出口を模索しながら、事業承継に悩む中小企業経営者が増えています。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
「先代社長から後継者にバトンタッチする時期の商品や、ビジネスモデルが10年経過しているならば、事業承継した商品やビジネスモデルだけでの事業継続は不可能・・・。私は2002年(当時49歳)にこのような考えの下、M&A売却で業態転換の起業資金を確保し、現在のメルサを第2創業に導きました。その結果、今でも公私共に優雅に生きつづけています。売却した会社も、自社株式を100%譲渡し、私が社長の座を降りただけで、社員の雇用は守られました。大手企業の傘下となったことでますます隆昌しています。」

資金調達力があり、且つ、成長著しい企業で後継者のいる中小企業は、優良企業を譲り受け成長を続けることも可能です。一方、後継者不在や成長性を危惧する中小企業は、売却でリタイアか第2創業を目指すことができるなど、中小企業のM&Aは、存続と発展の為の有力な戦略となります。

地方創生の様々な施策がスタートしていますが、事業引継ぎ支援(M&A)もその一つです。全ての都道府県に国策の事業引継ぎ支援センターが開設されようとしています。

経営者保証制度の抜本的見直しや、中小の転廃業を促す企業再生が求められている現況下、
国策においても、むやみに事業継続を支援する体制ではなく、後継者が不採算部門から撤退する際、既存事業の設備廃棄等にかかる費用を創業補助金の対象に追加したり、チャレンジ精神あふれる若い経営者やしっかりと事前準備に取り組んだ経営者等の第2創業の取組みを、より手厚く支援する体制に変化しています。私の経験してきた、事業承継~M&A売却~第2創業」の経験値を必要とする経営者が増えています。

本講演では、机上論、教科書論とは一線を画した、M&Aを体験したものだけが語れる生の声と、中小企業のM&A手順をお伝えします。
講演内容・概要 区分: 経営戦略・事業計画
業承継やM&Aのスキームを教える専門家はたくさんいます。しかし、M&A相談先の選定から売却後の人生設計までを、経験知で伝えられる経験者極少です。次の6項目を基盤に60分~90分の講演として主催者のご希望を勘案しながら構成を組立てます。

1中小企業5つの出口と事業承継3つの選択
2事業引継ぎの選択は社長の専管事項
3経営(後継)者のM&Aメリットとデメリット
4M&Aを成功させるタイミングを知る
5こうしてM&Aは現実になる(中小企業M&Aの手順)
6事業承継の問題点を把握する
根拠・関連する活動歴 中小企業のM&Aに理解がなかった2002年2月に私は、日本M&Aセンターを仲介会社として自ら家業をM&Aで売却し、現在の株式会社メルサを第2創業しました。売却の後、全国各地で講演の依頼をいただき、自らも積極的に講演活動に勤しんできました。さらに、講演にとどまらず、M&A支援のサイトを自ら立ち上げ、EメールやリアルでのM&Aのアドバイザリー、そして仲介を行ってきました。
http://www.nihon-ma.co.jp/case/interview/interview004.html
http://www.yozannet.com/

【講演実績】
・東京商工会議所他全国の商工会議所
・日本M&Aセンター他M&Aアドバザー主催のセミナー
・金融機関
・中小企業基盤整備機構本部・支部主催セミナー
・TKC東北会
・中小企業大学東京校
・ダイヤモンド経営者倶楽部
・全国の税理士主催セミナー        
・その他多数

【著書】
2003年 4月 私が会社を売った理由(早稲田出版)
2008年 5月 継ぎたくない会社はさっさとM&Aしなさい(早稲田出版)
2014年11月 サンタクロースがM&Aに乗ってやってくる(電子書籍)
主催者に準備を
お願いする物
レジメ10枚程度のコピー
講師が準備するもの レジメ原本
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2018年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2017年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。