印刷する

劇的なプレゼン
~ジョブズをも超えるプレゼンを実現する「即興力」~

講師名 別役慎司
講師名よみ べっちゃくしんじ
肩書き 劇作家・演出家・俳優講師
研修講師
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 劇的なプレゼン
~ジョブズをも超えるプレゼンを実現する「即興力」~
スタイル区分 研修
想定する受講者区分 職場リーダー
受講者の説明 スピーチやプレゼンの機会の多い方
日本のプレゼンの問題点、たくさん挙げられると思います。
•退屈
•単調
•パワーポイント頼り
•情報過多のスライド
•原稿読むだけ
•独りよがりで一方向
•ユーモアなし
•表現力なし

しかし、一番の問題点は、それらの問題意識を持っているにも関わらず、
対策をとっていないということではないでしょうか?

プレゼンがビジネスにおいて、大切でないならまだしも、
大切だと認識しているのに、真剣に向上を目指さないのは問題点です。

「劇的なプレゼン」であれば、
これら全てに対処する効果的なトレーニングを受けることが出来ます!
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
「劇的なプレゼン」を通して鍛えるのは、大きくこの二つ。

テクニックに頼らない、俳優のような「表現力」を伴う「話す力」
原稿がなくても自信を持って話せる「即興力」


スピーチ力・プレゼン力を格段に上げてくれるのはこの二つであって、
理論やテクニックではありません。

内面から出る真実の言葉
創造性溢れるスピーチ
生き生きとした表現

これらこそ、日本のプレゼンに欠けている要素です。

世界の俳優訓練から生まれたインプロトレーニングがこれらをもたらします。
講演内容・概要 区分: その他実務スキル
カリキュラムはこのようになっています。

・イントロダクション

・ジョブズのプレゼンはどんなプレゼン?

・日本のプレゼンの問題点

・「劇的なプレゼン」とは?

・ワーク1「即興的自己紹介」
緊張する場の時、現れる個々の癖
受講者の課題を指摘

・ワーク2「ムーヴメントトレーニング」
身体の緊張をときほぐす

・ワーク3「1分間即興スピーチ」
自分の癖をなくす、堂々と話す

・ワーク4「スピーチトレーニング 喜怒哀楽」
感情とスピーチを伴わせる
ストーリーをその場で創り出す

・ワーク5「インプロ プレゼン発表」
実戦課題に挑戦
臨機応変力を身につけるには
俳優のようなジェスチャーは?
表情・目線
ホワイトボード活用

・ワーク6「パワーポイント対策」
スライドから即興的に肉付け
パワーポイントを使いながら、いかに退屈させず、人を巻き込めるか
スライドではなく、自分に焦点を向けさせる

・総括
主催者に準備を
お願いする物
プロジェクター
講師が準備するもの パソコン

その他のプラン

  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2020年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も10年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2019年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。