印刷する

医療や福祉と地域住民との交流の進め方

講師名 吉本精樹
講師名よみ よしもとせいき
肩書き 友活ファシリテーター
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 医療や福祉と地域住民との交流の進め方
スタイル区分 講演
受講者の説明 病医院や高齢者福祉施設等の経営者や幹部の方

◆地域の生活者と実りある顔と名前の一致する良好な関係を築きたい方

◆既存の夏祭りや健康教室に代わる楽しく互いを理解しあう交流を目指す方

◆地域の生活者の相互交流を通じて独居者の不安を解消したい方

◆その他、交流を事業の柱と位置付け地域を活性化したい方

◆認知症予防や徘徊者の問題を「つながる」「交わる」といった実働で

 解消したい、緩和したいと願っている方

◆世代間交流にも使えます

病院、医院、施設、地域歩勝、地域連携室、保健所等で即効的に

用いることができる内容です。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
◆交流とは互いに顔を合わせて話を交わし合い、お互いの人となりを知ることです。

◆自己開示を無理なく促し聴きあう、ただそれだけでお互いを親身に

感じることができます。ただしその流れを作るにはチョットしたコツが

あります。誰にでもできて直ぐに取り掛かれるスキルです。

◆人を、ゆるやかに繋げれば多くの社会の問題が緩和されます。

同時に主催する院や施設の地域での評判が多くの場合、格段に良くなり

ます。気心の知れた関係を築きますから生活者から見ると相談しやすい

病院、施設になります。また院や施設から見ると少しの欠点や落ち度を

許してくれる住民を増やし味方を創ることになります。
講演内容・概要 ◆今までの交流では生活者は満足していない

◆交流とは楽しいテーマについて語り合えること

◆専門家の勘違いと生活者の目線の違いを知る

◆1時間で住民が喜び院や施設が好評を得る友活式サロン

◆人として交わることの重要性

◆1人称で自動詞で語ること・・・

 ※住民は医師やスタッフの人となりに触れたい

◆明日から始める友活式サロン
主催者に準備を
お願いする物
ホワイトボード
講師が準備するもの テキスト資料 他 必要な備品
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2018年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2017年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。