印刷する

俳句ライブ「お名前俳句」づくりに挑戦!
自分も他人も丸ごと好きになる名前の魔法

講師名 藤川佐智子
講師名よみ ふじかわさちこ
肩書き 物語俳句講師
パラレルキャリアプロデューサー
NPO法人日本セラピーブリッジ理事長
都道府県 愛知県

プラン詳細

タイトル・演題 俳句ライブ「お名前俳句」づくりに挑戦!
自分も他人も丸ごと好きになる名前の魔法
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 小学生
受講者の説明 小学生、中学生、高校生 PTA保護者 教職員 一般の方々
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
誰もが持ってる名前には「愛される魔法」が隠されています。
自分の名前・お友達の名前。名前の言魂・音魂を大事にしながら、
子どもが自分自身の心や、お友達の心と上手にコミュニケーションを取るコツを、お名前で創る俳句『お名前俳句』を通してお伝えします。

心の痛みや、心の荒れに負けない強さを持つこと。それは「心に抗体」を持つことだと私は考えます。

松尾芭蕉は「俳諧(←俳句のもと)は三尺の童にさせよ」と言ったそうです。三尺(身長1メートル)くらいになった子が俳句をすると良いよと言うことです。その年代の子どもは感受性も強く行動範囲も広がってきます。五感を通して外部との刺激も多いはず。

子どもの心を強くするキーワードが「感応」です。
「感応」とは言葉では説明できない無意識の部分(本能・感情)のこと。

この「感応」を育てるスキルの1つに「俳句」があります。
私は俳句を「自分自身を癒し・ココロの根っ子を育てるセルフセラピー」と捉え、俳句の新しい可能性を「感応俳句」と名付け提案しています。

俳句創作を楽しんでもらうことで、自分の感情を客観的に捉える癖をつけること。自分の思いを伝える技術を身につけることで、他者とのコミュニケーションが上手になると考えています。また俳句が持つ「5・7・5のリズム」や「侘び寂び感」が、心の抗体となり、打たれ強い心を育てると考えています。

今回の講演では、自然を愛でるように、人や自分を愛でる基本となる
名前を題材に、子どもが自分自身の心や、お友達の心と上手にコミュニケーションを取るコツをお伝えしていきます。

「強い心」は「優しい心」に繋がります。「感応」を育てる俳句を通して、一人でも多くの子どもが、心が豊かで、自分を、人を思いやれる人に育って欲しいと思っています。
講演内容・概要 区分: 教育・青少年育成
■誰もが必ず持ってる名前の魔法
■創ってみよう「お名前俳句」
■自分を大事にした分・人からも大事にされるお話
■自己紹介にも役立つ、短い言葉で自己アピールできるようになる。
主催者に準備を
お願いする物
ホワイトボード
講師が準備するもの レジメ
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2018年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2017年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。