印刷する

電気自動車などの新エネルギー車が直面する現状と課題

講師名 和田憲一郎
講師名よみ わだけんいちろう
肩書き 日本初のe-mobilityコンサルタント
株式会社日本電動化研究所 代表取締役
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 電気自動車などの新エネルギー車が直面する現状と課題
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 若手役員経営者
受講者の説明 自動車産業は現在、変革期の真っただ中にいます。自動車整備工場関係者に於いても、電気自動車第二世代、自動運転、燃料電池自動車の登場が社会やライフスタイルにどのような影響を及ぼすのかはとても関心があることではないかと考えます。今回は、電気自動車、燃料電池自動車に絞り現状と将来動向、課題についてお話致します。対象は自動車整備に関する経営者、マネージャー層向けです。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
講演を通じて以下の内容をお伝えしたいと思います。
・次世代自動車の将来動向
・電気自動車や自動運転について
・燃料電池自動車の登場と課題
・水素ステーションとは
・圧縮機、蓄圧器、プレクール、ディスペンサーの役割
・燃料電池自動車の展望
講演内容・概要 区分: 経営戦略・事業計画
今、大きな時代の変換点(Tipping Point)を迎えようとしています。
2014年、従来の新興国の伸びに加え、リーマンショック後、経済的に停滞していた先進国に於いてもリセッション懸念が後退し、クルマの世界では、世界自動車販売が約8,400万台と再び上昇志向に向かっています。しかし、クルマを取り巻く環境は深刻さを増しており、中国やアジアの首都の排ガスも含めた大気汚染は言うに及ばず、先進国ではガソリンスタンドが急減するなど、従来のインフラでは対応できない状況が迫っています。

このような環境の中、新世代自動車はどのように進化していくのでしょうか。今日は電気自動車、そしてこれから登場する燃料電池自動車を取り上げ、現状と課題について迫ります。特に電気自動車では自動運転との関係を、燃料電池自動車では水素ステーションとの関係について詳細にご説明致します。

今回の講演にて、ここ2~3年の間にどのような動きが起ころうとしているのか、また課題は何かを学ぶことで、自分達はどのような視点にて対応していけば良いのか、なにか気づきになれば幸甚です。
主催者に準備を
お願いする物
プロジェクター
講師が準備するもの パソコン
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。