印刷する

「聞く」ってどうすること?

講師名 田染美穂子
講師名よみ たしぶみほこ
肩書き 関係改善チームアービンジャー公認ファシリテーター
都道府県 福岡県

プラン詳細

タイトル・演題 「聞く」ってどうすること?
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 中小企業経営者
受講者の説明 組織やチームに所属するすべての方々。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
聞いているようで聞いていない人の話。
「ん?そんなこと言われたっけ?」とか「聞いてませんよ。」とか、よくある話ですね。
友人同士ならまだしも、職場でこんなことが頻繁に起きては仕事に差し支えます。

では、なぜ聞いている時と聞いていない時があるのでしょうか?
もっと言えば、なぜ相手によって聞きたかったり、聞きたくなかったりするのでしょう?

世間では「話す」ことについては多くのスキルがあったり、セミナーが開かれたりしていますが、実は「聞く」ことの方が何倍も難しく能動的な行為で、相手に与える影響は大きいもの。

普段自分はどんな態度で相手の話を聞き、どんな影響を与えているのか。
また、なぜ相手によって話が聞けたりきけなかったりするのか。
表面の行動ややり方だけではなく、自分の心の在り方が聞くことに及ぼす影響についてもお伝えしたいと思います。
講演内容・概要 区分: コミュニケーション
これまでに、相槌を打ちながら話しを聞いているのに、相手から「あなた、全然わたしの話を聞いてない!」というようなことはありませんでしたか?
親子や夫婦間でもよくある話ですね。

では、なぜ相槌まで打って聞いているのに、相手は「聞いていない!」と言うのでしょう?

こういった経験をした方なら分かると思いますが、この時あなたは相手の話を聞いていたのでしょうか?聞いているフリをしていたのでしょうか?

相手が受け取っているものは、表面の行動ではなく、何かもっと違うものを感じ取っているのです。
と言うことは、どんなにうまい「聞き方」を習得して、そのテクニックを使ったとしても、相手は同じように行動ではなく、別物を感じ取って「聞いていない。」というでしょう。

そもそも、聞くという行動は、その前に自分が相手をどのように感じているかが大きく影響します。

相手の話を真っ直ぐに聞くには、自身はどうあるべきなのか。
アービンジャー・インスティチュートの「自分の小さな箱から脱出する方法」の概念に基づいて、身近な例題を用いながら紐解いていきたいと思います。
主催者に準備を
お願いする物
事前にお打合せをさせていただいて、内容によってはプロジェクター、筆記用具、用紙等をお願いするかもしれません。
講師が準備するもの テキスト
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2018年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2017年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。