印刷する

高齢社会に突入した「今」こそ取組む!
『仕事と介護の両立』を可能にする2つの支援方法

講師名 後藤功太
講師名よみ ごとうこうた
肩書き 人材定着コンサルタント
介護特化型 社会保険労務士
都道府県 静岡県

プラン詳細

タイトル・演題 高齢社会に突入した「今」こそ取組む!
『仕事と介護の両立』を可能にする2つの支援方法
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 中小企業経営者
受講者の説明 社員の家族に介護が必要になった。
介護離職を防ぐために、会社として必要な支援をしたいが、
「介護知識」も分からなければ「必要な支援策」も分からない。
目の前の社員が疲れ果てているなか、会社側としてどのようなアプローチをしたらいいのか知りたい方。
親の介護の時間を確保するために、介護離職をされる方が多いです。
しかし、安易に離職をすることはおススメしません。

介護には「お金」が必要です。
貯蓄を切り崩した生活は、やがて自らが高齢者になるときの生活を苦しめてしまいます。

また、離職することで「社会との接点」がなくなります。周りの環境によって自らの介護負担は大きく軽減します。

ただ、「介護と仕事の両立」は様々な障害を乗り越える必要があります。

周りの理解や、会社の支援は不可欠です。
その支援方法を的確に理解し、積極的な構築が会社側に求められています。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
「まだまだ親は元気だし、介護の心配はない」
そう考える方も多いでしょう。

しかし、介護は突然やってきます。

いざ介護が必要になると、
「誰が面倒を見るのか」
「費用はだれが負担するのか」
「どこへ相談すればいいのか」
と悩みが尽きません。

何より「仕事を続けられるのか」
という悩みが圧倒的に多いのが現状です。

介護をする時間を確保するために、「介護離職」をする方も年々増加しています。
ただ実際に、介護を理由に離職する方は「仕事を辞めた方が楽になる」と感じるかと思いきや、
「辞めた方が大変です」という声の方が多いです。

厚生労働省の調査によると、「介護離職はかえって負担が増す」と答えた方が70%近くを占めています。

なぜかというと、仕事を辞めてしまえば介護漬けの日々
を過ごすことになるからです。
否が応でも食べ物をこぼしたり、排泄の粗相をするなど、親の見たくない面を見続けることになってしまいます。
そして何より、「社会との接点が失われているため逃げ場はほとんどない」のです。

収入源がなくなり、介護負担も増してしまう。
以上のことから「仕事を辞めてはいけない」ことを強くおススメいたします。

ただ、介護をしながら仕事をすることは並大抵のことではありません。

「一人でやりきる」ということは、ほぼ不可能です。
介護には周りの協力が不可欠なのです。

その大きな役割を担っているのが、介護を担っている社員を抱えている企業さまです。

「仕事と介護の両立」を可能にするためには、企業側の努力が必要です。

「必要な制度」と「環境の整備」
この2つを満たすことで、社員が仕事を続けながら介護が出来ます。

私は、福祉大学を卒業し介護業界を渡り歩きました。
在宅サービスも施設サービスも両方経験しました。そのため、「介護現場の実態」に精通しております。
更に、人事労務の専門資格である社会保険労務士を取得し、現在社会保険労務士事務所にて勤務しております。

会社内の人間関係や環境を整備する「内部」の構築と、
就業規則や諸規定集などの制度を管理する「外部」の構築の両方を支援しております。

今回は、
介護現場の実態から、実際に会社内でどんな取り組みをすればいいのかまでを解説いたします。
講演内容・概要 区分: 福祉・介護
実践体験談(ロールモデル): 経営者系
1、介護とは?
 ・「介護の現状」 認知症の急増
 ・「介護現場の実態」 入所待機者増 介護スタッフの人材不足
 ・「今後の介護のトレンド」 在宅介護、在宅医療(施設入所の制限)

2、介護との関わり方
 ・「介護が必要になったら」
 ・「どこに相談?」 家族会議、そこから相談窓口へ
 ・「何から始める?」 身の回りに何があるかを見渡す
 ・「どれくらい時間がかかる?」
 ・「どんな連携が必要?」 身内だけで連携をしない
 ・「何が一番の問題点?」 協力を惜しまない
 ・「多くの方が苦しんでいること」 介護サービス=介護放棄 という誤解

3、会社としての取り組み
 ・「会社としてできること」 協力体制は必要不可欠!
 ・「就業規則、諸規定集で記載すること」 のちのトラブルの元になる
 ・「会社のバックアップの仕組み」 柔軟な姿勢
 ・「会社として介護の理解をする姿勢」 ちょっとした一声だけで大きく変わる

4、今後の課題、取り組み
 ・「他人事ではない」
 ・「今後も問題が拡大していく」
 ・「今取組んでおく必要性」
 ・「会社が専門家と連携する理由」
 ・「介護うつの原因」
 ・「介護離職の危険性」
 ・「ワークライフバランスとは?」
根拠・関連する活動歴 前述の通り、私は在宅サービス、施設サービスと介護業界を渡り歩きました。また、社会保険労務士として「人事労務」の制度構築から労務相談まで幅広く活動をしております。

現在は、医療・福祉施設に特化した社会保険労務士事務所にて、研修・セミナー担当として活動しております。
主催者に準備を
お願いする物
・プロジェクター
・パソコン
・ホワイトボード
・資料(事前にデータをお送りいたします)
のご用意をお願いいたします。
講師が準備するもの ・資料(事前にデータをお送りいたします)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2018年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2017年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。