印刷する

現役精神科教授に聞こう!ホンモノのメンタルヘルス ~ストレスを軽くする「ものの見方・考え方」~

講師名 勝田吉彰
講師名よみ かつだよしあき
肩書き 関西福祉大学教授
ドクトル外交官(外務省医務官)OB
都道府県 兵庫県

プラン詳細

タイトル・演題 現役精神科教授に聞こう!ホンモノのメンタルヘルス ~ストレスを軽くする「ものの見方・考え方」~
スタイル区分 講演
受講者の説明 職場のストレスに悩む一般職・リーダー職・組合員など。
 ますます大きくなる職場のストレスに社員がうまく対処できるか否かは、会社のパフォーマンスを左右し業績に直結します。目の前の変えることのできない現実、しかしその受け止め方・とらえ方によって気持ちや行動は大きく変わってきます。その「ものごとの受け止め方・とらえ方」にはクセやパターンがあり、それを健康的なものに修正してゆくワザを持つことがストレス軽減につながってゆきます。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
人間関係・日常業務などあらゆる面で、多彩なストレスの発生するのが現代社会です。こうした現実に直面したとき、そのとらえ方(これを認知といいます)によって、同じ現実でも必要以上に悲観的な気分になったり不適切な行動につながったりします注)。逆に、健康なとらえ方のテクニックを身につけ、メンバーひとりひとりが、目の前の現実から受けるストレスを減らすことができれば仕事のパフォーマンス向上にもつながります。現実のとらえ方のノウハウを柱に、快適な職場づくりのお手伝いをさせていただきます。

注)現実のとらえ方(認知)に注目してさまざまなメンタル疾患の治療を開発していったのが米国フィラデルフィア大学のA.Beckが創始した認知療法で、いまでは臨床場面で幅広く応用されています。演者は英国オックスフォード大学でこの認知療法を学び、帰国後に同大学の一般向けブックレットを翻訳、「不安ときどき認知療法・・・のち心は晴れ」(星和書店)として出版しています。
講演内容・概要 区分: メンタルヘルス
実践体験談(ロールモデル): スペシャリスト系
Ⅰ.ものの見方=認知とは
 目の前の現実のとらえ方が、感情や行動に影響するメカニズムを理解していただきます。

Ⅱ.不健康な認知と対処の方法
 「認知の歪み」と称される、不健康な認知のパターンを紹介し、実例をもとにしたワークを通じて対処の方法をマスターします。

Ⅲ.リラクセーションをマスターしよう
 あわせて、筋弛緩法や自律訓練法のリラックス法を実地にやりながらマスターしていただきます。これらの方法は健康な認知の獲得とあわせると、より強力なストレス対処の武器となります。
根拠・関連する活動歴 1.現役の精神科教授として、教育・診療・研究にたずさわっております(講義担当科目は「精神医学」「精神保健学Ⅰ」「精神保健学Ⅱ」「老年医学」「国際福祉開発論」「国際看護」)。
2.英国オックスフォード大学精神科教室に留学し、認知療法を学んできました。帰国後、師匠の作製した一般向けブックレットを翻訳し「不安ときどき認知療法・・・こころは晴れ」(星和書店)として出版し臨床にお役立ていただいています。
3.教授職のかたわら、非常勤で東証一部上場企業と独立行政法人の産業医を務め、職場のメンタルヘルスについて経験を重ねています。
主催者に準備を
お願いする物
プロジェクター一式・パソコン(講師持参のパソコンが万一故障時のバックアップとして)
講師が準備するもの パソコン・USBメモリー
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。